名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
誰か過去をほめず、現在をののしらない老人を見たことがあるか。
彼らはみな自分の悲惨と悲哀を世の中のせい、人々の考え方のせいにしている。


[ 出典 ]
モンテーニュ
[ミシェル・ド・モンテーニュ]
(16世紀フランスの思想家・哲学者・モラリスト、1533〜1592)

[ 意味 ]
老人はみな、過去を素晴らしいものだったとほめ、現在をののしる。
そして、自分の置かれた悪い状況を世の中や世の人々のせいにする。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 宗教は、人間一般の強迫神経症である。
(フロイト)


2. 結婚とは、あたかも文明的であるかのように偽装された奴隷制度にすぎない。
(アインシュタイン)


3. 管理単位ごとに厳格な独立採算制を取れば、各管理単位は必死になって利益を出そうとする。黒字の足し算は必ず黒字になるので、利益を確実に出すためにはよく効く処方箋なのだ。
(金子智朗)


4. 賞賛は、贈って人に感謝される、唯一の贈り物である。
(ブレシントン伯爵夫人)



5. 勇にも大勇、小勇の区別あり。
(孟子)


6. 物事をあるがままに見て、さらに自己犠牲を払ってでも成し遂げようという心構えができていれば、結局は克服できない問題などないのです。
(稲盛和夫)


7. 戦争前の言葉は自己本位を正当化し、意味づけと栄光を求めます。
(長田弘)



8. 目で判断せずに、心で判断しろ。
(シャイアン族の格言)


9. 知ることができないほど小さいものはなく、挑戦することができないほど大きいものはない。
(ウィリアム・V・ホルン)


10. 批評家とは、他人の思想について思考する人間である。
(サルトル)