名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
知行合一(ちこうごういつ)


[ 出典 ]
王陽明[おう・ようめい]
(中国・明代の儒学者・思想家、1472〜1528)

[ 意味 ]
知識や認識は必ず実行を前提としているものであり、知っていて行わないのは真に知っていることにはならない。
知(真の認識)は行(道徳的実践)を通じて獲得されるものであり、知(真の認識)と行(道徳的実践)とはつねに表裏一体をなす。

[ 補足 ]
※朱熹(しゅき)による朱子学の先知後行説が、認識を実践よりも優先重視するのと対極にある。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
知行合一
知識
認識
実行
前提
知っていて行わない
知らない


道徳的実践
表裏一体
獲得
王陽明の名言

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. 得意とか、苦手とか、実は関係ないんですよ。むしろ苦手なものの方が味が出るし、必死で努力するからいい結果が出たりする。
(丸山和也)


2. 大利(たいり)は利ならず。
(格言)


3. ただ一つ確かなことは、確かなものは何もないということだ。
(大プリニウス)


4. 私はいつも私の敵の価値に注意を向けてきた。
(ゲーテ)



5. 歩いたお前の人生は、悪くもなければ 良くもない お前にとって 丁度良い
(作者不詳)


6. 躊躇せずに、好きなこと探しを続けるべきです。そもそも人生は一回しかない。あまり我慢はしないほうがいい。
(田原総一朗)


7. 裕福しか知らない人は、少し貧しくなっただけでも恐ろしく貧しさを感じるし、普通の人よりも貧乏を地獄に感じることが出来ると思う。逆に、貧困しか知らない人は、ほんの少し裕福に届いただけでも幸せを感じ、普……
(宗夜苳治)



8. 志とは、自分の力を超えた存在に、自分という有限な存在を同化させていく作業なのである。
(松下幸之助)


9. 純粋の詩人とは、人間以上のもので、たしかに天使である。
(太宰治)


10. 運命のよくないとき、運命にこだわれば、運命に負けてしまう。
(中村天風)