名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
不道徳の最たるものは、自分の知らない稼業をすることである。


[ 出典 ]
ナポレオン・ボナパルト
(19世紀初めフランスの皇帝・軍人、1769〜1821)

[ 意味 ]
最大の不道徳は、自分が熟練していない仕事でお金を得ることである。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 愚者はいつでも自分を賛美する最もひどい阿呆に出会うものだ。
(リヒトヴェーア)


2. (病気や怪我が)治ったことをうれしがるような人間だったら凡俗だ。悪いときにそれに負けなかったことをうれしがらなきゃいけないんだ。何でもない(=悪くない)ときにうれしがるのはあたりまえのことだ。
(中村天風)


3. 人間を必死にさせるもの、それは愛情であり、怒りであり、義であり、あるいはまた利益である。
(『司馬法』)


4. 受験勉強は機械的にやるべきです。「受かるかどうか」 「ライバルはどこまで進んでいるか」といったことを考えるのはまったく無駄なことです。そういう観念は悪いほうへ肥大していくからです。
(ジョセフ・マーフィー)



5. 特に経営されていなくても多額の利益が上がる企業、これが私の理想です。
(ウォーレン・バフェット)


6. 教育もまた、教育を必要としないだろうか?
(マルクス)


7. 姑を愛する嫁は千人に一人。嫁を大事にする姑は二千人に一人。
(レバノンの格言)



8. 困難とは、人がそれを越えて発展しつつ、ある仕方でそれにすっかり身をまかせようとすれば、直ちに人を強めてくれるものなのだ。
(アラン)


9. 不誠実の代償は、自己破壊である。
(リタ・メイ・ブラウン)


10. もし、ものや人との正しい関係の秘密を学びたければ、相手や対象の中に神なるものを探し、残りのすべてを神の手にゆだねることです。
(アラン・ブーン)