名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
街は、歩く人でできている。
歩くことがたのしい街にはたのしいリズムがあるし、人が自由に歩きまわれる街には、活気がある。
人が歩く。
それが街の原点だ。
いい街は歩くことを誘うのだ。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
エッセイ「歩く言葉」

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈抜粋文全文〉
街のリズムということをかんがえる。
街のリズムというのは、街を歩く人の「歩く」リズムだ。
その街がどんな街か。
そのことをもっともよく語るのは、歩く人の「歩く」リズムだ。
__ Link __

街は、歩く人でできている。
歩くことがたのしい街にはたのしいリズムがあるし、人が自由に歩きまわれる街には、活気がある。
人が歩く。
それが街の原点だ。
いい街は歩くことを誘うのだ。
__ Link __

歩くということは、じぶんがじぶんからぬけだしてきた感じをもって、いろいろなキズナからときはなたれた感じをもって、一人の自由な孤独な人間となって歩くということだ。
__ Link __

歩くことは、あなたが見知らぬ人びとや見知らぬものや自然を見てすぎながら、その人たちやものや自然から、言葉や形や色でもって語りかけられるということだし、つぎに、あなたのほうでもそれらに語りかけないわけにはゆかないということだ。
__ Link __

家々・店々・人びとのいろいろな姿と声・空地・草・川・それにいろいろなものの匂い。
そうやって、日々に歩いて心をひらくことができて、はじめて私たちはいま、ここの中身をほんとうにゆたかに深く複雑なものにすることができるのだ。


歩くことがたのしい生きかたをこれからはつくってゆかなければならない。
──いまは、どうか。
生き生きと「歩く」リズムをもった歩く人の街は、どこにあるか。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. どんな人もみな共通です。何が共通かというと、ひとりひとり自分の世界を生きている、という点で、みな共通です。他にかけがえのない私の人生を生きていると……


2. (指導者として)最も大切なのは、民衆と交流する能力である


3. 自分とは異なる年齢の家族がともに暮らす家庭というのは、反感、嫉妬、敵意など否定的感情の巣窟(そうくつ)である。同時にそれは、そういった感情をどう表……


4. 自分の尊いことを知らないで何が出来ますか。


5. どんな問題にも両面がある



6. 本音で納得できなければ、本気で動きはしない。


7. 着る物も住む場所も乗物も変わったが、人間の中味はたいして変わっていない。


8. お金というのは、お金を所有したいと切望したとたん、お金に支配されてしまう。


9. 他の人の書いたものを読んで、自己を向上させよ。他の人が苦労して得たものをそれで容易に得ることが出来る。


10. すばらしいユーモアのセンスの持主だったおふくろから、僕は人間の精神の到達できる最高の形というものは、笑いと人間愛だと言うことを教えられたのだ。



11. 自分の道を守る者はその魂を守る。


12. 言葉が人間の表現であるように、文学は社会の表現である。


13. 健康は労働から生まれ、満足は健康から生まれる。


14. ひとりで飲むな。ひとりの飲酒は妄想(もうそう)の発端、気鬱(きうつ)の拍車。飲めども飲めども気の晴れるものではない。


15. 迎えの拍手は昨日までの人気、降りる時の拍手は今の人気。



16. 無料の昼飯はない。


17. 孤独でないと、ものは書けない。


18. 四つ葉のクローバーを探す秘訣は、「必ずある」と信じて探すこと。


19. 愛とは許すこと。愛は、今一度チャンスを与える。


20. 本を読み過ぎても、悪い副作用はありません。