名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
その夢の可能性をみじんも信じていないからこそ、そのような夢想をやすやすと言えるのであって、かえってそれをあわてて否定するほうが、もしや、という期待を持って、そうしてあわてて否定している。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『フォスフォレッスセンス』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
「まあ、綺麗(きれい)。
 お前、そのまま王子様のところへでもお嫁に行けるよ。」
「あら、お母さん、それは夢よ。」
この二人の会話に於(お)いて、一体どちらが夢想家で、どちらが現実家なのであろうか。
母は、言葉の上ではまるで夢想家のようなあんばいだし、娘はその夢想を破るような所謂(いわゆる)現実家みたいなことを言っている。
しかし、母は実際のところは、その夢の可能性をみじんも信じていないからこそ、そのような夢想をやすやすと言えるのであって、かえってそれをあわてて否定する娘のほうが、もしや、という期待を持って、そうしてあわてて否定しているもののように思われる。
世の現実家、夢想家の区別も、このように錯雑しているものの如(ごと)くに、此頃(このごろ)、私には思われてならぬ。


[ ランダム名言 ]
1.
へつらひを聞けば 腹立(はらだ)つわがこころ あまりに我を知るがかなしき
(石川啄木)
2.
そうだ、人生は素晴らしい。恐れの気持ちさえ持たなければ、だ。
(映画『ライムライト』)
3.
子供は、憐れみを受けて育つと、自分を可哀相だと思うようになる。
(ドロシー・ロー・ノルト)
4.
幸福は伝染するものだ。もし幸福になろうと思うなら、幸福な人々の中で生きたまえ。
(スタンダール)

5.
日本人って、とにかくこうしないといけないって、死ぬ気で頑張ったりするんですよね。でも、僕は逃げていいと思うんです。仕事が合わない、会社が気に入らないと思うなら、どんどん移ればいい。その結果として自……
(石田衣良)
6.
子供の頃からいろいろな選択肢がある社会にすることが大事です。日本人は人と違うことに不安を覚える。しかし、人と違うことはむしろすばらしいことなんだ、という感覚が育てば(学校も)変わるのかなと思う。
(俵万智)
7.
本の中には、それを読んで我々が学ぶためでなく、著者が何かを知っていたということを我々に知らせるために書かれたと思われるような本がある。
(ゲーテ)

8.
義を見てせざるは勇無きなり
(孔子)
9.
意志ではなくて、時が恋を終わらせる
(シルス)
10.
ビジネスの世界で、いちばんたくさん「ノー」と言われる人間、それが起業家だ。
(稲盛和夫)