名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
少しをするために多く学んでおかねばならぬ。


[ 出典 ]
モンテスキュー
[シャルル・ド・モンテスキュー]
(18世紀フランスの政治思想家・政治哲学者、1689〜1755)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
真理は瀕死の人の唇からもれる。
(マシュー・アーノルド)
2.
今から一年も経てば、私の現在の悩みなど、およそ下らないものに見えることだろう。
(サミュエル・ジョンソン)
3.
涙の数だけ強くなれる。笑顔の数だけ優しくなれる。
(作者不詳)
4.
私が書いたものは、ほとんどが私自身の姿であり、登場人物はすべて私の人生から生まれたものです。
(アンデルセン)

5.
ばかげた質問などないし、質問をやめない限りばかにはならない。
(チャールズ・プロテウス・ステインメッツ)
6.
他人に関する思いで君の余生を消耗してしまうな。
(アウレリウス)
7.
悪しき者達があら捜しをしても、良き人はそれを意に介さない。
(デモクリトス)

8.
学ばずして智を求むるは、なお魚を願うに網なきがごとし。
(『金言童子教』)
9.
自己満足に陥らぬ者は成長する。自分の考えが正しいという確信を持てぬ者のほうが、多くのことを学ぶ。
(中国の格言)
10.
恋人として男と女とが違う点は、女は一日中恋愛をしていられるが、男は時々しかできないということである。
(モーム)