名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
貧しい人たちはね、オキ、お金を恵まれるよりも食べ物をあたえられるよりも、なによりもまず自分の気持ちを聞いてほしいと望んでいるのよ。
実際には何もいわないし、声も出ないけれどもね。


[ 出典 ]
マザー・テレサ
(インドの修道女、「死を待つ人々の家」創立者、ノーベル平和賞受賞、1910〜1997)
『マザーテレサあふれる愛』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
善の効用を意識した時には、それは、もはや不善である。
(郭沫若)
2.
他人の心情を顧みない者は失敗する。
(ゼノン)
3.
マネジメントの仕事ぶりとは、主として明日に備えて優れた仕事をすることを意味する。
(ドラッカー)
4.
言葉というものは、生きている事の不安から、芽ばえて来たものじゃないですかね。よろこびの言葉もあるにはありますが、それにさえなお、いやらしい工夫がほどこされているじゃありませんか。
(太宰治)

5.
弘法、筆を選ばず。
(日本のことわざ)
6.
自分だけが幸せであれば、周りの人は不幸でもいい。それは人間の考えることではありません。第一、周りの人が皆不幸で、自分一人が幸福などということはあり得ないのです。
(瀬戸内寂聴)
7.
(仕事を)学んだり教えたりするうえでは、道具に焦点を合わせなければならない。しかし仕事をするうえでは、成果、課題、仕事に焦点を合わせなければならない。
(ドラッカー)

8.
覆水盆に返らず。
(『拾遺記』)
9.
ずっと学ぶ側で居続けるのは、とても楽な生き方です。責任をとらなくてもいいし、学んでいるかぎり成長しているような気がします。けれどもどこかの時点で、「学びを活かす」ステージにいく必要があります。
(本田健)
10.
最善をなそうと思ったら自分自身に安住しないで、名人の心に従え、名人と共に迷うのは得るところがある。
(ゲーテ)