名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
何事も明日、明日と延ばしておくときは、千日たっても用は弁ぜず。
事を成さんには、片っ端よりなすべし。


[ 出典 ]
石川理紀之助[いしかわ・りきのすけ]
(明治〜大正初期の農村指導者、1845〜1915)

[ 補足 ]
※弁ずる=処理する

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. よくいったいわないでケンカしたりするでしょ。そういうのも馬鹿らしいよ。そんなことは過去のことなんだから、今お互いが幸せになる方向に行ければいいわけで、いがみ合うなんてくだらないよ。どうせ他愛もない……
(所ジョージ)


2. 裕福しか知らない人は、少し貧しくなっただけでも恐ろしく貧しさを感じるし、普通の人よりも貧乏を地獄に感じることが出来ると思う。逆に、貧困しか知らない人は、ほんの少し裕福に届いただけでも幸せを感じ、普……
(宗夜苳治)


3. 外交関係を維持する理由は、お互いにお世辞を言うためではなく、便宜(べんぎ)を確保しておくためである。
(チャーチル)


4. 君が大きな壁にブチ当たっているなら、そいつを遠くから眺めてやればいい。どうだ? ちっぽけなもんだろ?
(ある高校教師)



5. 変化はつねに力強い。あなたの鈎針(かぎばり)を投げておけ。少なくともあなたが期待する池の中に魚はいる。
(オウィディウス)


6. 物の与え方は、与える物それ自体よりも大切である
(コルネイユ)


7. 他人を利用した人は、他人に利用されて怒っちゃいけません。
(永六輔)



8. 「しあわせのかくしあじ」  からいお塩は おいしい おしるこのかくしあじ からい くるしみ かなしみ そして わかれ みいんな しあわせのかくしあじ ひとふり ふたふり ほら! しあわせが とって……
(かとうみちこ)


9. 戦争と戦争のあいだにあるのが平和ではない。また、なんにも起こらないおだやかなことが平和ともいえない。
(キャサリン・スコールズ)


10. どんなに辛い悲しみも、すべて時が忘れさせ、癒してくれる。たくさん泣いて、嫌な時が過ぎてゆくのを、ただ待つしかない。
(フジ子・ヘミング)