名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
どんな仕事でも、
突き詰めれば突き詰めるほどに
難しさが分かってくる。


次から次へと壁が現れる。
その壁を一つひとつ乗り越えていく。


いったいその先には
何があるのだろうか。


それが見たいからこそ、
我々は自分の仕事に一生懸命になる。


そしてそこに、
自分の仕事に対するプライドが生まれる。


[ 出典 ]
仲代達矢[なかだい・たつや]
(俳優、俳優養成塾「無名塾」創設者、1932〜)
雑誌『PHP』2005年10月号

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 年をとるとおしゃべりになるのは、たくさんのことを見てきたからであり、また、やがて永遠に、話せなくなってしまうからである。
(ジョゼフ・ホール)


2. 時代がどう変わっても、革新に至る唯一の王道は、現状をよく分析し、さらなる可能性を限りなく追求していくことなのです。
(稲盛和夫)


3. わしなんかは、自由思想の本家本元は、キリストだとさえ考えている。思い煩(わずら)うな、空飛ぶ鳥を見よ、播(ま)かず、刈らず、蔵に収めず、なんてのは素晴らしい自由思想じゃないか。
(太宰治)


4. 人生は変わらない。周囲のものは変わるだろう。熟しては腐っていく。しかし私達はもとのまま。幼児の状態が老年まで残る。それもいいことなのだ。幼いものだけが天の国へ入るのに相応(ふさわ)しいから。
(ブラウニング)



5. 公正、有害なことをなして他人を傷つけるな。なすべき義務を怠って他人を傷つけるな。
(フランクリン)


6. 時代や社会に流されるのではなく、今の自分に流されてみる。その流れの先にこそ、求めていた幸せがあるのかもしれない。
(夢枕獏)


7. 金銭に淡泊な人に、かえってたくさんお金がたまる。いつもお金にこだわって、けちけちしている人にはかえってお金が残らぬ。
(太宰治)



8. 友達の間で親密さが不足しているということは、咎(とが)めたら最後、治しようがなくなるような過失である。
(ニーチェ)


9. 読書というのは、実を言うと、本を読むということではありません。読書というのは、みずから言葉と付きあうということです。みずから言葉と付きあって、わたしたちはわたしたち自身の記憶というものを確かにして……
(長田弘)


10. 恋に勉強なんてないんや。勉強したつもりでも、新しい恋が始まって気が付いたら、また何にもわかってない自分がおる。それが恋ってもんや。
(明石家さんま)