名言ナビ



[ 名言 ]
やり甲斐(がい)、働き甲斐は、やってみてはじめて出てくる。
やりもしない、働きもしないで、どうしてそのような喜びが得られるだろうか。
生き甲斐にしてもそうだ。
精いっぱい生きる努力をして、はじめて生きる喜びを知るのだ。

[ 出典 ]
土光敏夫[どこう・としお]
(昭和の実業家、第4代経団連会長・石川島播磨重工業元社長、1896〜1988)

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
私、生きる秘訣を発見したと思うわ。人生に慣れるまで、だらだらしてればいいのよ。
(漫画『スヌーピー』)
2.
お金持ちなのに下品な人がいる。貧乏なのに上品な人がいる。気魂(きこん)の位が違うのです。
(美輪明宏)
3.
人生とは出会いである。その招待は二度と繰り返されることはない。
(カロッサ)
4.
男は家の中では子供だ。
(アラブの格言)

5.
言葉の肩をたたくことはできないし、言葉と握手することもできない。だが、言葉にも言いようのない、旧友のなつかしさがあるものである。
(寺山修司)
6.
内に悪念あれば外に鬼と見ゆ。内に善心あれば外に仏を見る。
(無住)
7.
ニブイ人間だけが「しあわせ」なんだ。
(岡本太郎)

8.
負けたことに対し反省はしても後悔はしない、負けたこと自体は忘れるのが最善手です。
(谷川浩司)
9.
毎時間ごとに自己と対話すれば、勇気あるものの見方、幸福になるものの見方、力強いものの見方、安らかなものの見方のできるように、自分を方向づけることができる。
(デール・カーネギー)
10.
死ぬと大騒ぎするけれど、死ぬことと生きることは、ぼくに言わせれば同じことなんだ。
(岡本太郎)