名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
“聖なるもの”に近づき、人類の上に光明をあまねく拡げることより立派なことはあるまい。


[ 出典 ]
ベートーヴェン
[ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン]
(18〜19世紀ドイツの作曲家、1770〜1827)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. 言いたいことを言う者は、聞きたくないことも聞かねばならない。
(イギリスのことわざ)


2. 夜の寝がけは、それがたとえ嘘であってもほんとうでも、その考えた考え方が無条件に、われわれの潜在意識の中に、すっとはいって来る。そういう作用がある。
(中村天風)


3. 「利は元にあり」ということを、ともすれば単に安く買い叩けばよいというように解釈する人があるようです。しかし、決してそうではなく、仕入先を、品物を買って下さるお得意先と同じように大切にしていくことが……
(松下幸之助)


4. 昔の世代は新しいモノを求めながら、昔の定規で測ってくる。
(漫画『美大受験戦記 アリエネ』)



5. 私たちが感情的に傷ついたり、苦しんだりするのは、他人のせいでもなければ、人が何か言ったり、言わなかったりすることのせいでもない。それは自分自身の態度や、反応のせいである。
(マクスウェル・マルツ)


6. 人は誰だって褒めて貰いたい、自分を見守っていて貰いたいと思うんですよ。それが自信につながって行くんです。
(ドラマ『3年B組金八先生(第6シリーズ)』)


7. 互いに経験を語り合うことは、人生を変えうる力を持っています。心を癒やし、まとめあげ、表現し、成長したいという潜在意識に働きかけてくれるからです。
(ジャック・キャンフィールド)



8. 自分にとって真に重要なことは何なんだと突きつけられたら、僕ならこう答えるでしょう。その時代時代で、みんなが重要だと思っていることを少し自分のほうに引き寄せてみたときに、自分に足りないものがあって行……
(吉本隆明)


9. 人間は死期が近づくにつれて、どんなに俗な野暮天(やぼてん)でも、奇妙に、詩というものに心をひかれて来るものらしい。辞世の歌とか俳句とかいうものを、高利貸でも大臣でも、とかくよみたがるようではないか。
(太宰治)


10. 過去は善、明日はよい事があると思っているから、くよくよしない。
(茅野亮)