名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
教育は人に対するお節介。
人間はある程度お節介を焼いてあげないといけないところもあるんです。
でも「ここまで焼いていい?」と確かめてほしい。
その上で子どものほうから「これ以上は自分でやるから、放っておいてほしい」と意思表示されるポイントを探るわけです。


[ 出典 ]
汐見稔幸[しおみ・としゆき]
(白梅学園大学学長、教育学者、1947〜)
Business Journal (2013年12月4日)のインタビュー記事より

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]
教育
おせっかい


[ ランダム名言 ]

1. 善悪を作るもの、幸不幸を作るもの、貧富を作るもの、それは人の心である。


2. じぶんの憂鬱や悲しみを軽蔑したり、あるいはその逆にそれに甘えたりせず、真にじぶんのものにすることができなくてはいけない。


3. 万有引力とは ひき合う孤独の力である  宇宙はひずんでいる それ故みんなはもとめ合う


4. 女はどんな正直な女でも、その時心に持っている事を隠して外(ほか)の事を言うのを、男ほど苦にはしない。


5. 名誉心はまず自己を対象とする。名誉心を持っている人間が最も嫌うのは流行の模倣である。名誉心は何らかの仕方で永遠を考えている。



6. 人はしばしば過信によって己の自信を裏付けていく。


7. スポーツ選手にとって真に超えるべき壁は、肉体の限界よりも脳の限界の方である。


8. 真実のところ、人を清めるのも自分自身なのである。純粋であるか不純であるかはその人にかかっていて、他人を清めることなど自分以外の誰にもできない。


9. 「イヤなこと」から先に取りかかるべきだ。それさえやってしまえば、肩から重荷が下りて、その日の残りの時間を思いきりエネルギッシュに過ごすことができる。


10. いつ頃のことか知らないが、ギリシャに自分のことをたくさん知っている学者がいて、こういう連中のことを哲学者と言った。



11. 無邪気な明るさと愛の欲求──幼年時代はそれが生活の唯一の衝動で、こんな素晴らしい時代は他にない。


12. 進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。進まず退かずして潴滞(ちょたい)する者はあるべからざるの理(ことわり)なり。


13. The youngest day of my life(今日は私の一番若い日)── 朝起きたときそう思って起きてください。


14. 無駄とも思える努力の積み重ねが、「美しさ」を維持する。


15. 自然の行いは善悪に基づかない。自然はただバランスを求めるのみだ。



16. 愛のない人生とは、朝の来ない夜のようなもの。愛は雲ひとつない夏の太陽、自然もいっそう美しくなる。


17. 人生を楽しむためには、もっと欲張りになっていい。


18. 我々は「何が出来るか」で自分を評価するが、人からは「何が出来たか」で評価される。


19. 一生働けることが人生で一番の幸せ


20. 人生における幸福の基礎となるものは長さ、強さ、広さ、深さである。この四つの「さ」が充足されなければ、幸福な人生は実現しない。心身統一法を実行すれば……