名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
「戦争なんか全部ダメだ」というのがヴェーユの戦争観で、これは理念としてギリギリのことをいっちゃったわけです。
もうここまで言い切ってしまえば、終わりなんです。


[ 出典 ]
吉本隆明[よしもと・たかあき]
(思想家・詩人・文芸評論家、1924〜2012)
『私の「戦争論」』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈原文全文〉
僕が知っている限り、一番いい戦争観を述べたのはユダヤ系フランス人の思想家シモーヌ・ヴェーユです。
ヴェーユは、戦争とは何かといったら、それは結局、「政権を握っている支配者が、他国の労働者を使って自国の労働者を殺させることと同じだ」といったんです。
「支配者が自国の労働者を自分の手で殺すわけにはいかないから、他国の労働者を使って殺させるんだ」というわけです。
戦争で傷つくのは労働者、民衆だけであって、支配者は全然傷つかない。
また、弱い国であるか、強い国であるかなんてことは労働者にとっては全然関係ないことだし、
__ Link __

「戦争は革命を起こす絶好の好機である」なんていってるうちはダメだ。
左翼のこれまでの戦争観は、全部ダメだっていったんです。
__ Link __

「戦争なんか全部ダメだ」というのがヴェーユの戦争観で、これは理念としてギリギリのことをいっちゃったわけです。
もうここまで言い切ってしまえば、終わりなんです。
__ Link __

僕自身の考えも、本音の本音でいっちゃうと、やっぱり、「戦争自体がダメだ」ということになりますね。


[ ランダム名言 ]

1. 健康に勝る幸福なし
(格言)


2. 人は、現実に耐えることはできる。しかし、絶え間ない憂鬱にはもろいものです。
(マーガレット・ドラブル)


3. 仁義なんてものは悪党仲間の安全保障条約さ。
(映画『酔いどれ天使』)


4. 変化は冒険だ。しかし試みならやり直しがきくし、ちょっと無謀なことだってできる。
(デイル・ドーテン)



5. 残酷さが臣下や市民の利益になるよう転換できた場合、それは残酷さが上手に使われたということである。
(マキャヴェリ)


6. 男たちの愛の言葉は(女の)美の調味料
(IKKO)


7. かなしみはちからに、欲(ほ)りはいつくしみに、いかりは智慧(ちえ)にみちびかるべし。
(宮沢賢治)



8. 男は人生を知るのが早すぎるし、女は知るのが遅すぎる。
(ワイルド)


9. 「事機」が有利に展開しているのに、それを生かせないのは、智者とはいえない。「勢機」が有利に展開しているのに、それに乗ずることができないのは、賢者とはいえない。「情機」が有利に展開しているのに、ぐず……
(諸葛亮孔明)


10. 愛と盲目は仲間である。
(アラブの格言)