名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
もし神が人間の祈りをそのまま聴き届けていたならば、人間はすべて、とっくの昔に亡びていたであろう、というのは、人間はたえず、たがいに、多くのむごいことを神に祈ってきているから。


[ 出典 ]
エピクロス
(紀元前4〜3世紀・古代ギリシアのヘレニズム期の哲学者、前341〜前270)
『エピクロス――教説と手紙』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

祈り
聞き届ける

人間が滅びる
むごい
神に祈る
エピクロスの名言


[ ランダム名言 ]

1. 怒るという行為は、誰かに投げつけるために直火(じかび)にかけた石を握るようなものです。火傷をするのは自分…。大火傷を負う前に、その石を捨てることが肝要なのです。
(大村あつし)


2. 子供には、すべてに対して、最も大きな可能性がある。
(トルストイ)


3. 君の心の庭に忍耐を植えよ。その根は苦くともその実は甘い。
(オースティン)


4. 群れを飛び出しても生きていけるような人間が集団を作った時、その組織は強くなる。
(河上和雄)



5. 天才の悲劇は「小ぢんまりした、居心地のよい名声」を与えられることである。
(芥川龍之介)


6. あなたの罪は許された。起きて歩きなさい。
(『新約聖書』)


7. 人間に忘却と、それに伴う過去の美化がなかったら、人間はどうして生に耐えることができるだろう。
(三島由紀夫)



8. 夢とは目的地ではなく、旅なのです。
(ダイアン・ソイヤー)


9. 人間一度信用を得たならば、自ずからその扉は開かれる。
(西洋の格言)


10. 能率を上げろ、と命じるだけじゃ無駄。人々の力を最大限に引き出す道具がいるんだ。
(スティーブ・ジョブズ)