名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
小人(しょうじん)小善を以(もっ)て益なしとして為さず、小悪を以て傷なしとして去らず。


[ 出典 ]
『易経』(えききょう)
(古代中国の思想書)

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
小人は小善をもって益なしとしてなさず、小悪をもって傷なしとして去らず。

[ 意味 ]
卑しい人間は、自分の得にならないという理由で、ちょっとした善行もなそうとしない。
また、小さな悪事をしても、たいしたことがないと言って、逃げ隠れもしない。

[ 補足 ]
※小善(しょうぜん)=ちょっとした善行。
小悪(しょうあく)=小さな悪事。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 現実は理想の唯一の基礎である。
(グレース・アキラー)


2. 人間はその存在の全ての部分において、必ず罪を犯さざるを得ない。というのは、人間はその人格の中心において、神から疎外されているからである。
(パウル・ティリッヒ)


3. どんな用件でも午前4時に呼び出せるのが親友です。
(マレーネ・ディートリッヒ)


4. 酩酊(めいてい)は一時的な自殺である。
(ラッセル)



5. 無邪気な明るさと愛の欲求──幼年時代はそれが生活の唯一の衝動で、こんな素晴らしい時代は他にない。
(トルストイ)


6. 思想が客間のお世辞に利用されるようになったら、もうおしまいです。
(太宰治)


7. 終身善を為し、一言則ち之を破る。
(孔子)



8. 善い行いをしても、おそらく次の日には忘れ去られるでしょう。気にせず、し続けなさい。
(マザー・テレサ)


9. 節約家は、お金を使うときには、こう自問します。「本当にこれが欲しいのか? 本当にこれが必要なのか? 買わないで済ませられないものか? これをどこかで五割引きで買えないだろうか?
(サラ・バン・ブラナック)


10. 自尊心を失う十八の心得──7.自分の欲求は二の次で(あるいは無視し)、もっぱら他人に奉仕する。
(L・S・バークスデイル)