名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
自分の職業を自慢する人間ほど惨めなものはない。


[ 出典 ]
フェヌロン
[フランソワ・フェヌロン]
(17〜18世紀フランスの神学者・文学者、1651〜1715)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
修業を積むほど、世間の広さ、恐ろしさがわかり、謙虚な気持ちが養われてくる。
(松下幸之助)
2.
素敵な時間をほかの人間に邪魔されずに過ごしたい
3.
会社のためにのみ働くな
4.
人間は骨董品のタンスと同じ。手間隙かけて作られたものは、時間を経ても愛され続けるのです。自分を磨く時間を惜しんではいけません。
(美輪明宏)

5.
辛い辛いと訴えているのは、憎しみの間接的な表現です。
(加藤諦三)
6.
人の生涯は草のよう。野の花のように咲く。風がその上に吹けば、消えうせ、生えていた所を知る者もなくなる。
(『旧約聖書』)
7.
傷つきやすい人間ほど、複雑な鎧帷子(よろいかたびら)を身につけるものだ。そして往々この鎧帷子が、自分の肌を傷つけてしまう。
(三島由紀夫)

8.
私はうまいスープで生きているのであって、立派な言葉で生きているのではない。
(モリエール)
9.
真の力は、内心の安息から生まれます。静かな心はものごとを成就させます。
(ジョセフ・マーフィー)
10.
乱世に強い人材は、上手に修羅場を経験させると恐ろしいほどの力を発揮します。過去の評価に関係なく、いかにそんな人材に目をつけられるか。平時のポジションではただの「うつけ」でも、状況が変わればとんでも……
(井上礼之)