名言ナビ



[ 名言 ]
友人は、不幸という風が吹くと散ってしまう木の葉だが、身内は、木の根元に落ちる果実である。

[ 出典 ]
マレーシアのことわざ

ページ内メニュー

[ 意味 ]
人が不幸になると、友人はあっという間に去ってしまうが、身内は多少影響を受けるものの、去って行くことはない。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
友人
不幸と友
風が吹く
散る
木の葉
身内

根元
落ちる
果実


[ ランダム名言 ]
1.
簡潔こそが英知の真髄である。
(シェイクスピア)
2.
神は私という器官を必要としたのだ。そうでなければ、私がここにいるはずはない。
(エマーソン)
3.
許したことをちゃんと言葉で伝えるのが、上手な怒(おこ)り方です。
(金盛浦子)
4.
しかり過ぎるとお互いの関係を修復するのに一カ月では難しい。だからしからずに、気長に歩き出すのを待つことにした。その方が仕事が早い。
(蜷川幸雄)

5.
未来を予測するためには論理が必要だ。同時に、信念と想像力も必要なのだ。時に、信念と想像力は、論理に挑戦することがある。
(アーサー・C・クラーク)
6.
決心することが社長と大将の仕事である。
(松下幸之助)
7.
馬鹿者はね、ふざける事は真面目まじめでないと信じているんです。また、洒落しゃれは返答でないと思ってるらしい。そうして、いやに卒直なんて態度を要求する。
(太宰治)

8.
やれることをやれるだけやって、いけるところまでいく。それだけさ。
(映画『アナザヘヴン』)
9.
人は生涯、同一水準の作品しか書けない。
(ジャン・コクトー)
10.
静かな写真のままでも、それが見る人の心を動かせばいいと心に決めた。
(サム・エイベル)