名言ナビ



[ 名言 ]
詞(ことば)は古きを慕ひ、心は新しきを求め、及ばぬ高き姿をねがひて、
(ver.0)

[ 出典 ]
藤原定家[ふじわらの・さだいえ]
(鎌倉時代初期の公家・歌人、1162〜1241)
『近代秀歌』

ページ内メニュー

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
詞(ことば)は古きを慕ひ、心は新しきを求め、及ばぬまでも高き姿を願ひて、
(太宰治著『右大臣実朝』での引用文)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 全文・続き ]
〈ver.0全文〉
詞は古きをしたひ、心は新しきを求め、及ばぬ高き姿をねがひて、寛平以往の歌にならはば、おのづからよろしきこともなどか侍らざらむ。
(※寛平以往の歌=六歌仙のこと)


[ ランダム名言 ]
1.
( 磯田一郎 )

2.

3.

4.


5.

6.
( 植西聰 )

7.


8.
( 宝塚の稽古場にいつのまにか貼られていた言葉。貴城けい )

9.

10.