名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
怖くもない人間を恐れるほど馬鹿げたことはないのである。
自分は臆病でない人間を知らない。
大胆そうな顔をしている男も実は臆病者であり、小心者であることを知っている。
ただ度胸が出来、それをあるところでごまかすことが出来ているだけである。


[ 出典 ]
武者小路実篤[むしゃのこうじ・さねあつ]
(明治〜昭和の小説家・詩人、1885〜1976)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 「こんなはずじゃなかった」と言う人ほど、こんなはずだった。
(ながれおとや)


2. 犠牲をはらう相手があるのはうれしいことだ。
(モンゴメリー)


3. 人はなぜ生きるのか?正しい答えなどない。ただ言えるのは、人は生きる理由、生きる目的を探すために生きるということだ。
(ながれおとや)


4. 自分の視野は自分で広げるしかない。
(エドガー・マグニン)



5. 宗教にとっては、神聖なるもののみが真実である。哲学にとっては、真実なるもののみが神聖である。
(フォイエルバッハ)


6. 日付が変わったら、気持ちも切り替えよう!
(作者不詳)


7. いろいろなものが私から一つ一つ失われていくたびごとに、私にはいよいよ、真実なものとそうでないものとがはっきり見えてきた。
(栗本薫)



8. 邪悪なものを、われわれのなかから追放しよう。そうすれば、まじり気のない心のように強くなれるのだ。
(ホセ・マルティ)


9. 神様は富というものを軽蔑していらっしゃるから、ロクでもない奴にしかお与えにならない。
(オースティン・オマリー)


10. 音ェあげたヤツさらに追い込んでみい。人間どないなる思う?…ワシの経験から言うと……逃げるで。
(漫画『ナニワ金融道』)