名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
青春の夢に忠実であれ。


[ 出典 ]
シラー
[フリードリヒ・フォン・シラー、シルレル]
(18世紀ドイツの詩人・戯曲家・思想家、1759〜1805)

[ 意味 ]
青春期に夢みたものこそ純粋であり、追い求める価値がある。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
青春の夢
忠実
シラーの名言

[ 類似名言・関連名言 ]

[ 解説 ]
青春時代には、実現可否に関係なく、若者はさまざまな夢を持っているものだ。
多くの若者は、その後、夢を諦めたり、より現実的な夢に置き替えたりする。
だが人は、青春時代に夢見た夢の実現こそ考えるべきだ。
なぜなら、それこそが打算や諦めがなく、その人の本当の「夢」であるからだ。
たとえ無謀で叶わない夢であっても、それを叶えようと努力することに意味がある。
夢が叶わなくても、少なくとも、人生を充実させて生きることができる。
だから、生涯、青春の夢を追い続けることが大事だ。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]
1.
私たちは踏み慣れた生活の軌道から放り出されると、もう駄目だ、と思います。が、実際はそこに、ようやく新しい良いものが始まるのです。生命のある間は幸福があります。
(トルストイ)
2.
ウチの夫婦に愛情ねぇ、愛情といわれてもねぇ、愛はもうありません。今は情でつながっていますがね。愛よりも、あなた、情の方が優しいですよ。
(永六輔)
3.
人は持たぬもの、あるいは知らぬものを他の人に与えることも、他の人に教えることも出来ぬであろう。
(プラトン)
4.
恋は麻疹(はしか)と同じで、誰でも一度はかかる。
(ジェローム・K・ジェローム)

5.
得意分野でこそ過ちを犯すのが人間です。
(ドラマ『新マチベン〜オトナの出番〜』)
6.
この世に「良い銃」などないし、「悪い銃」などというものもない。どんな銃でも悪人の手にあるのなら凶器となるが、まっとうな人の手にあるのなら誰も恐れるに及ばない。ただし、悪人を除いては。
(チャールトン・ヘストン)
7.
今、私を圧迫しているものは、外に出たがっている私の魂なのだろうか? それとも大いなる魂が、中に入りたがって、私の心をノックしているのだろうか?
(タゴール)

8.
娘にとって最も善き避難所はその母の翼である
(作者不詳)
9.
他人の災難から英知を習得する者は幸いなり。
(シルス)
10.
創造する最も深い体験は女性的である。というのは、それを受胎し、分娩する体験だからである。
(リルケ)