名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
人間的なあつかいをすれば、神の似姿などとうの昔に消えてしまったような人をさえ、人間にすることができる。


[ 出典 ]
ドストエフスキー
[フョードル・ミハイロビッチ・ドストエフスキー]
(19世紀ロシアの小説家・思想家、1821〜1881)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 自由であるとは、自由であるべく呪われていることである。


2. 良い音楽には、人を良い方向に向かわせるエネルギーがあります。


3. 真の才能というものは、孔雀の尾のように、自分で引き出さなければなりません。


4. 大切なのは、疑問を持ち続けることだ。


5. 無知な人のそばで学びなさい。学者のそばで学ぶだけでなく。



6. (先生は)自然にしているのがいいですよ。努力していい先生になって、いい教育をしてやろうと思わないほうがいいです。(中略)子どもをよくしてやろうとか……


7. 人間、遊んで暮らすのが一番だよ。


8. 失ったものは既に失われたものだ。あれこれと考えたところでもとに戻るわけではないのだ。


9. 一滴の油、これを広き池水(ちすい)の内に点ずれば、散じて満池(まんち)に及ぶとや


10. 一つの言葉を使いながら二心を持つ者は、友とみなすよりも敵にまわすほうがよい。



11. 友人同士は未来を語り合わなくても、未来に再会することを確信している。


12. 自らの製品、サービス、プロセスを自ら陳腐化させることが、誰かに陳腐化させられることを防ぐ唯一の方法である。


13. ジンクスを気にしたり、易に依頼したり、縁起をかついだり、そのほか迷信的な行為をする人というものは、結局、自分に消極的な暗示をかけているんだよ。


14. 典型的な紳士たる条件は、上品な体面を保つことのほかは、すべてを自己の名誉のために犠牲にすることである。


15. 自己の限界を破る方法は、他人の力を自分に加えることである。しかしそれが単なる力のみではなく、人間そのものを意味する。



16. 終わりまで忍ぶ者は救われるべし。


17. (我々は)学校では何百というばかばかしい戦闘の年号やこっけいな国王たちの名前を覚え、新聞では税金やらバルカン半島やらについての論説を毎日読んでいな……


18. 障害者というけれど、いろいろいるんだ。障害者という言葉でくくれるものじゃないんだ。健常者だっていろいろいるだろうが。


19. 慢心は消し止めねばならぬこと、大火(たいか)以上だ。


20. 汝の熱心を誇るなかれ、真面目を誇るなかれ。真面目という心持ちは、大して価値あるものにあらざるなり。