名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
愛がご馳走なら、信頼は米の飯だ。


[ 出典 ]
大宅壮一[おおやそういち]
(ジャーナリスト・評論家、1900〜1970)

[ 意味 ]
他人からの愛はあれば嬉しいが、なくても生きていける。
一方、他人からの信頼は、生きていくのに絶対に必要だ。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

ご馳走
信頼
米の飯
大宅壮一の名言


[ ランダム名言 ]
1.
教義、定説、慣習、迷信、恐怖、無知などが一般の人間の心を支配しています。ほとんどの人は、自分の心をまったく我がものとしてはいません。それは彼に属しておらず、多くの場合、他人の腐敗した迷信によって支……
(ジョセフ・マーフィー)
2.
素直さを失った時、人も会社も成長は止まる。素直に学ぶことで知識は経験に置き換えられ、それが強さとなる。
(渡邉美樹)
3.
何をやってもうまくいかない人というのは、心の中に“失敗パターン”を持っている。
(ジョセフ・マーフィー)
4.
(難局に立たされた時)無理を押し、あせり出すと、ますます泥沼の深みに足を入れるようになる。
(郷誠之助)

5.
マニュアルに頼るな、と書いてある本も、また別のマニュアルである。
(JTのコーヒー「アロマブラック」の広告コピー)
6.
弱音を吐いている人は、一度すべてを放り出せばいいんです。試しに、落ちるところまで落ちればいい。ある種のリセットをすることで、風景もまったく異なって見えるはずです。
(美輪明宏)
7.
わが社には組織がない。今日の組織は明日の組織でなく、明日の組織も明後日はどうなるかわからない。だから組織づくりといえば、毎日が組織づくりである。いや毎日、会社そのものをつくっている。
(井深大)

8.
かけがえのない人間になるためには、常に他人と違っていなければならない。
(シャネル)
9.
熱中ほど伝染しやすいものはない。これこそ真のオルフェウス神話である。熱中は岩を動かし野獣をもうっとりさせる。それは誠意の守護神であり、これなくして勝利はあり得ない。
(リットン)
10.
汽車に乗ったら荷物は降ろせば良い。
(高光大船)