名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
若者にとって、酒は大人への勲章である。
だから、無闇に飲む。
大量に飲むほど、大人に近づけたような錯覚がある。


[ 出典 ]
吉行淳之介[よしゆき・じゅんのすけ]
(小説家、1924〜1994)
『ばくふう人生ノート』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
若者にとって、酒は大人への勲章である。
だから、無闇に飲む。
大量に飲むほど、大人に近づけたような錯覚がある。
__ Link __

反吐(へど)を吐き、乱暴狼藉を働き、大声で泣きわめいたりする。
それでよい。


失敗を恐れないのが、若者の特権である。
醜態を演じるのが若者である、ともいえる。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 最も強いのは、自分自身の中に力を持っている者だ。
(セネカ)


2. 心の底から平気で、出世なんかしなくていいと思っていれば、遠くの方で縮こまっている犬のようには見えないんだ。
(岡本太郎)


3. 私の兄弟のところに帰ってくる船は、私のところにも帰ってきているのだ。
(ネイティブアメリカンのことわざ)


4. きれいごとをならべているだけでは、やってはいけない。が、きれいにみせねばならない。
(宮城谷昌光)



5. 友情は晴れた日にふさわしく、美しい贈り物としてふさわしく、田舎のそぞろ歩きにふさわしい。だが、一方、友情は険しい山道を越える時、不運に見舞われた時、船が難破した時、貧窮や迫害にあえぐ時にもふさわしい。
(エマーソン)


6. あなたがやりたいことに挑戦するのをあきらめないで。愛情とひらめきがあれば、うまくいかないことなんてないわ。
(エラ・フィッツジェラルド)


7. 賢い者は、仲間の生活と歩調を合わせることを知っている。
(作者不詳)



8. ケチなやつからお説教されて、眼がさめたなんて者は、古今東西にわたって一人もあった例(ためし)が無えんだ。
(太宰治)


9. どのように日々を過ごすかは、すなわち、どのように人生を送るかということなのです。
(アニー・ディラード)


10. 生きて在るものを愛せよ。
(太宰治)