名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人間というものは、いかに心の中で思っていても、それを口にするかしないかで、以後の感情の展開がちがってくるものである。


[ 出典 ]
塩野七生[しおの・ななみ]
(女性作家・小説家、1937〜)

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
はにかみを忘れた国は、文明国で無い。
(太宰治)
2.
慈悲は正義にまさる。
(チョーサー)
3.
これは書き続けても面白くないんじゃないか、という疑問は消して書き切りましょう。途中で投げ出すよりもずっと力がつきます。
(志茂田景樹)
4.
ハエのような人間は、他人の傷口にたかりたがる。
(ユダヤの格言)

5.
私は教師。私は文法や、公式や、地図や、図表について教えても、実のところ何も教えていない。生徒たちは、自分がこの世に生まれた意味を、その一生をかけて自分で学びとっていくのだから。
(ジョン・W・シュラター)
6.
人生には時としてレンガで頭をぶん殴られるようなひどいことも起こるものなのです。だけど、信念を放り投げちゃいけない。
(スティーブ・ジョブズ)
7.
人の「個性」とは、意識して出そうとするものではなく、自然に表に出てくるものを言う。
(ながれおとや)

8.
人は自分の思考を高めることによってのみ上昇し、克服し、達成する。
(ジェームズ・アレン)
9.
気分がどうのこうのと言って、なんになりますか。ぐずぐずしている人間に気分なんかわきゃしません。
(ゲーテ)
10.
富の中でもなお健全な心情を保ちえる女性は、百万長者が天才を有すると同じく一つの奇跡である。
(ロマン・ロラン)