名言ナビ



[ 名言 ]
十代の私も二十代の私も、いまの私と同じであり、かつての日々と同じに、いま、ここに存在していて、時間の経過は抽象にすぎない。
現存する感覚、感受性の主体は、基本的にいまも息づいていて、ここにある。

[ 出典 ]
ローレンス
[ロレンス、D・H・ローレンス、デーヴィッド・ハーバート・ローレンス]
(20世紀前半イギリスの詩人・小説家、1885〜1930)

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
失われた青春を嘆き悲しむよりも、現代の男性は、成熟した私の年齢四十二歳になると、自分の過去が果たして静かに沈み、快く過ぎ去ってくれるかどうか、気にしはじめる。
昔の(自分の)詩を読み返していて、私は気づいたのだ。
十代の私も二十代の私も、いまの私と同じであり、かつての日々と同じに、いま、ここに存在していて、時間の経過は抽象にすぎない、と。
現存する感覚、感受性の主体は、基本的にいまも息づいていて、ここにある、と。


[ ランダム名言 ]
1.
精神が満足するのは、それが萎縮しているか、疲労しているかのしるしである。高貴な精神は自己の裡(うち)にとどまらない。それは常に自分の能力以上を望んで進んでいく。
(モンテーニュ)
2.
例え、例えですね、明日死ぬとしても、やり直しちゃいけないって誰が決めたんですか? 誰が決めたんですか?
(ドラマ『古畑任三郎』)
3.
人ひとり救うのは、七重の塔を建てるより値打ちがある。
(中国のことわざ)
4.
時として私たちは、人の美談よりも、失敗から多くのことを学ぶだろう。
(ロングフェロー)

5.
鳥の歌声がいつも同じ調子にしか聞こえてこないというのは、無頓着な人間の粗雑な耳だけのことです。
(ローザ・ルクセンブルク)
6.
感動とは人間の中にではなく、人と人の間にあるものだ。
(ヴィルヘルム・フルトヴェングラー)
7.
もし相手が説明を理解できなかったら、相手の理解力を疑う前に、自分の説明力をチェックした方が早い。「何でこんなことが理解できないの?」と思うのではなく、相手がわからなそうなところを想像するのである。
(『「できる人」の話し方』)

8.
もし人になにかを教えようとすれば彼は何も学ばないだろう。
(バーナード・ショー)
9.
自力で得た一つの知識は、教科書の十の知識にまさる。
(スマイルズ)
10.
言葉の再生をするために、今の若者に「安易にセックスするな」と、言いたい。いきなり安易なセックスをやるということは、まさに言葉の関係を壊すことです。だからセックスを1回する前に、30回ぐらいお互いの……
(石川好)