名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
なぜ神様は女というものをつくったのだろう
なぜ男のこころに女を愛するというこころを植えたのだろう
なぜ人類を存続するのにこんないりくんだくるしみが必要なのだろう


[ 出典 ]
八木重吉[やぎ・じゅうきち]
(明治〜昭和の詩人、1898〜1927)
詩集『花と空と祈り』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 自分を元気づける一番の方法は、誰か他の人を元気づけることだ。


2. 医者にとって、出逢う患者の一人ひとりが恩師といえます。


3. 才気走った妻は疲れた夫にとって刺激が強すぎ、情熱的な妻はわずらわしさを感じさせる。


4. 天をうらまず、人をとがめず、勉強して人事を知り、天を知る。そして天のみは私を知っている。


5. まぁ、がんばれや。2度と戻ってくるなよ。



6. 恋に焦がれて鳴く蝉(せみ)よりも、鳴かぬ蛍が身を焦がす


7. 小さい頃から人との関係が無い人は、当たり前のことが通じません。


8. 女の行うあらゆる愚行のうちで最も愚かなもの──初恋。


9. 「私は弱い人間だ」などと考えたりは絶対しないことです。弱さを強さに転換することです。自分の心に指令を発して、エネルギーをパワーに変換することです。……


10. 死ぬことより最悪の事なんてない。生きているってことだけで素晴らしいじゃないか。



11. 財産の貧乏を治すことはやさしいが、精神の貧乏を治すことはできない。


12. 万策尽きたと思うな! 自ら断崖絶壁の淵(ふち)に立て。その時はじめて新たなる風は必ず吹く。


13. どんな壁でも必ず打ち破れる。


14. 憎しみのあるところに愛を、不当な扱いのあるところにゆるしを、分裂のあるところに和解を、誤りのあるところに真実を、疑いのあるところに信頼を、絶望のあ……


15. 感情を好ましい状態に持っていく言葉の使い方、それは明るく肯定的な言葉を使うように心がけることです。



16. ストレスは人生の雨だと考えるといい。いつも晴ればかりではなく、雨は必ず降ってくる。人生の雨も傘をさせば心がぬれずにすむ。傘を借りられるような心の距……


17. 愛は神より出ず。およそ愛ある者は、神より生まれ、神を知るなり。愛なき者は、神を知らず、神は愛なればなり。


18. 人間は生き方に迷うておる存在ですね。他の動物には、おそらく生き方ということにおいて迷いはないのでしょう。いかに生きるか、どういう生き方をするか、と……


19. 母は私のせいでかなり苦労をしたが、彼女はそれを楽しんでいたようだった。


20. 人生はまさにブーメランだ。人に与えたものは手元に返ってくる。