名言ナビ



[ 名言 ]
(彼等は)なにひとつ真実を言わぬ。
けれども、しばらく聞いているうちには、思わぬ拾いものをすることがある。
彼等の気取った言葉のなかに、ときどきびっくりするほど素直なひびきの感ぜられることがある。

[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
作品『道化の華』

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
彼等の議論は、お互いの思想を交換するよりは、その場の調子を居心地よくととのふるためになされる。


なにひとつ真実を言わぬ。
けれども、しばらく聞いているうちには、思わぬ拾いものをすることがある。
彼等の気取った言葉のなかに、ときどきびっくりするほど素直なひびきの感ぜられることがある。
__ Link __

不用意にもらす言葉こそ、ほんとうらしいものをふくんでいるのだ。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
仕事は避けるべき必要悪である。
(マーク・トウェイン)
2.
あらゆる有用なことのなかでもいちばん有用なこと、つまり人間をつくる技術はまだ忘れられている。
(ルソー)
3.
その後悔した気持ちを大切にして下さい。「次こそは」と思う気持ちがあなたの未来を築きます。
(漫画『時間屋』)
4.
品性の美はすべての美中の最美なものである。
(国木田独歩)

5.
知識は資金よりも容易に移動するがゆえに、いかなる境界もない社会となる。
(ドラッカー)
6.
能力があるというのはいいことだ。だが、他人の能力を発見する能力があるかどうかが真の鍵となる。
(エルバート・ハバード)
7.
人間の最高の栄冠は、美しい臨終以外のものではない。
(太宰治)

8.
若い連中がまねしてやろうという根性になってはだめ。自分の仕事の力になるように受け止めないと。
(三輪寿雪)
9.
より多くのことを恥じているほど、より敬意に値する。
(バーナード・ショー)
10.
マイホーム主義は、意欲のないサラリーマンが家庭に逃げ込む型。一番いいのは、仕事と家庭を両立させる意欲あるマイホーム主義だが、奥さんをリードしなくてはダメだ。
(井植歳男)