名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
君がもし考えることをしない人間であるとすれば、いったい君は何のために人間であるのか?


[ 出典 ]
コールリッジ
[サミュエル・テイラー・コールリッジ]
(18〜19世紀イギリスのロマン派詩人、批評家・哲学者、1772〜1834)

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
君がもし考えることをせぬ人間であるとすれば、いったい君は何のために人間であるのか?

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
世界の涙の量は変わらんのだよ。一人が泣き出すと、どこか他の所で別の奴が泣き止むのだから。
2.
凡人には月並みが素晴らしいことなのだ。
(ジュベール)
3.
顰蹙(ひんしゅく)は金を出してでも買え。
(見城徹)
4.
どんなに失敗しても 飯は食ってけるんですよ
(THE BLUEHEARTS)

5.
いつも素敵な音楽を聴いて、素敵な本を読んで、素敵な人と出会って、常にいいものに触れていると、その人が歩いているだけで自然にものすごいオーラが放たれているものです。
(美輪明宏)
6.
与えられた仕事のなかで、自分は何ができるかを考え、答えを見つけたら実行する。その繰り返しが、いつの間にか力を貯えることになり、隠れていた自分の才能が目覚めていく。
(斎藤茂太)
7.
なすべきことをなせば、いかなる状況でも優勢になれる。
(キッシンジャー)

8.
聞くは一時(いっとき)の恥、聞かぬは一生の恥
(日本の格言)
9.
健康で、借金がなくて、しっかりした意識があるという幸福以外に、いったい何が必要だというのだ。
(アダム・スミス)
10.
潜在意識をいつも正しく働かせておくためには、意識する心(=顕在意識)でいつも最善を期待し、また自らも正しいと確信を持てる思考と行動をするよう心がけなければなりません。
(ジョセフ・マーフィー)