名言ナビ



[ 名言 ]
幼年時代を持つということは、一つの生を生きる前に、無数の生を生きるということである。

[ 出典 ]
リルケ
[ライナー・マリア・リルケ]
(19〜20世紀オーストリアの詩人・作家、1875〜1926)
「パリの手紙」

ページ内メニュー

[ 意味 ]
幼年時代というのは、いくつもの性質の異なった期間によって構成されている。
したがって、幼年時代は人生の単なる一期間ではなく、複数の人生だと言える。
人は幼年時代に、いくつもの人生を経験するのだ。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]