名言ナビ



[ 名言 ]
どんな人間でも、大概一生に一度はその人間に相応した花々しい時期というものがある。

[ 出典 ]
谷崎潤一郎[たにざき・じゅんいちろう]
(大正〜昭和の作家、1886〜1965)
『青春物語』

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
恋は、あらゆる階級の人間が出会うところのプラットホームである。
(ギルバート)
2.
嫁(か)して人の妻たるは難し、然(しか)れども嫁の母たるは更に難し。
(東郷益子)
3.
豚もおだてりゃ木に登るし、一度、登ってしまえば、二度目からはおだてられなくても登れるようになり、気がつけば、新しい世界が開けていたりする。未知の世界の扉も、一度開けてしまえば、もう未知ではなくなる……
(斎藤茂太)
4.
老年の歳月における人生は、悲劇の第五幕に似ている。人間は悲劇的な最後が近いことは知っているが、それがいかなるものであるかは知らない。
(ショーペンハウアー)

5.
得意げにうんちくばかり垂れる人には、こう言ってやりましょう! 「この、うん畜生め!」
(ながれおとや)
6.
人間の本性のうちで最も悲劇的なことといえば、どの人でも人生から逃避したくなるという点であろう。私たちは誰も、水平線の彼方にある魔法のバラ園を夢見ている。そのくせに、わが家の窓の外で今日も咲きほこる……
(デール・カーネギー)
7.
喜びを知る人間は幸せである。
(松下幸之助)

8.
商売の利潤というものは、追求するものではない。利潤は、その事業が社会に貢献することによって社会から与えられる報酬である。
(黒田善太郎)
9.
人は口をきくや否やもう間違いを始めている。
(ゲーテ)
10.
外部に支えを求める精神は弱い精神である。
(アラン)