名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
君主にとって、歴史ほど優れた女教師はない。
だが、彼女の方は少々散漫な生徒を持って不幸なのである。


[ 出典 ]
ヨハン・ヤコプ・エンゲル
(18世紀ドイツの哲学者・劇作家)
『王侯の鏡』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
歴史は君主にとってはすぐれた女教師であるが、彼女の方は、少々散漫な生徒を持って不幸なのである。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 顔はメーキャップでいろいろ誤魔化せる。でも、目ん玉はメーキャップ出来ない。だから、人間、目ん玉をみればわかるんだ。
(永六輔)


2. つき合いで勉強ができないというのは完全な甘えだ。根本的に物事の優先順位を間違えている。
(齋藤孝)


3. 病を受くることも多くは心より受く。外より来る病は少なし。
(吉田兼好)


4. 君を千里において、今日も酒を飲みて、独り心を慰めん
(『閑吟集』)



5. 人が、人の命にかろうじてできることは、救うことだけです。奪うことは許されていません。
(ドラマ『相棒 シーズン7』)


6. 強さからの攻撃性と、弱さからの攻撃性とは違います。
(加藤諦三)


7. 川の水は流れているから腐らない。動きがないところは腐る。自転車も止まっていれば倒れるが、走っていれば倒れない。つまり、毎日何らかの進歩がなければゼロということ。
(島正博)



8. 後悔は、自分が自分に下した判決である。
(メナンドロス)


9. 物もらいに選り好みは禁物。
(ボーモント)


10. 三つのものが、取り次ぎもなく家に上がり込む。借金、老い、そして死である。
(ドイツのことわざ)