名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人を責むるの心を以って己を責め、己を恕(じょ)するの心を以って人を恕す。


[ 出典 ]
劉子澄[りゅう・しちょう]
(中国宋代の儒学者、朱子の門人)
「小学(しょうがく)」(中国宋代に編集された初学者用の教科書、1187年成立)

[ 意味 ]
他人を責めるような厳しい心で自分を律し、自分の過ちを許すような心で他人を許しなさい。

[ 補足 ]
※恕する(じょする)=思いやりの心で罪や過ちを許す。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 解説 ]
「自分には厳しく、他人には寛容に」ということです。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]

1. 受けて立つより仕方のないのが、人生のような気がする。
(三浦綾子)


2. 若き二十のころなれや 三年がほどはかよひしも 酒、歌、煙草、また女 外(ほか)に学びしこともなし
(佐藤春夫)


3. もしあなたが約束の時間より早く着いたら、あなたは心配性である。もし遅れて来たら挑発家、時間どおりに来れば強迫観念の持ち主。もし来なかったら、知恵遅れという事になる。
(アンリ・ジャンソン)


4. 人のことばっかり気にしてるのは、自分のことがいちばん気になるからやん。
(柴崎友香)



5. アイデアを持たないリーダーは、無能なリーダーだと思っていい。自分のアイデアは決して話さず、部下のアイデアばかり聞きたがる人がいる。一見すると、部下の意見を尊重する、話の分かる良いリーダーのように思……
(ながれおとや)


6. 孤独な者よ、君は創造者の道を行く。
(ニーチェ)


7. 病気は千もあるが、健康は一つしかない。
(ベルネ)



8. 他人が夫婦になったんだ。夫婦が他人になったっていいじゃないか。
(永六輔)


9. 三人行けば則(すなわ)ち一人を損なう。 (意味)三人で旅行すると一人は除け者にされる。
(『易経』)


10. 答えたくない質問をされたら、その理由を尋ねればいい。どうしてそんな事を聞くんですかと。
(ながれおとや)