名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
同情されたがる渇望は自己陶酔、しかも、隣人の懐を傷めての自己陶酔の渇望である。


[ 出典 ]
ニーチェ
[フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ]
(19世紀ドイツの哲学者、1844〜1900)
『人間的な、あまりに人間的な』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
同情される
渇望
自己陶酔
隣人
ニーチェの名言


[ ランダム名言 ]

1. 信頼は強制によって醸成されているものではない。人間に信頼を強いることはできない。
(ダニエル・ウェブスター)


2. 人が努力の末に手に入れるのは、結局、自分が求めるものではなく、自分そのものなのだ。
(ジェームズ・アレン)


3. 二匹の猫と一匹の鼠、一家における二人の妻、二匹の犬に一本の骨、和合する事はない。
(ボーン)


4. 時はわれわれの上を飛翔するが、その影をあとに残す。
(ホーソーン)



5. わが社には組織はない。今日の組織は明日の組織ではなく、明日の組織は明後日はどうなるか分からない。だから組織作りといえば、毎日が組織作りである。いや毎日、会社そのものを作っている。
(井深大)


6. 誰だってよこしまな人間になり得る。自分の好きなだけよこしまになり得るのだ。
(チェスタートン)


7. 人間てね、実際にやられる恐怖には耐えられるの。でもね、「やられるかもしれない」という不安、絶えられないのはこっちなのよ。
(漫画『コンシェルジュ』)



8. 勝ち負けにこだわるのは、くだらないことかもしれない。だが、勝てたら、やっぱり嬉しい!
(ながれおとや)


9. (企業や事業の)予期せぬ失敗は、顧客の認識や価値観の変化を示す。
(ドラッカー)


10. 不可能とは、臆病者の言い訳なり。
(ナポレオン・ボナパルト)