名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
何かを説明するとき、(専門知識や専門用語を使って)必要以上にやたら正確に厳格に表そうとしなくてもいい。
それより、どんな言葉や例で表現すると理解しやすいかを考え、相手に合わせた表現を工夫することが先決である。


[ 出典 ]
『「できる人」の話し方』
(梶原しげる監修)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
説明

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. 私の詩は、ただ一つの理由で私の役に立つ。すなわち、それは闇からある種の光へ達したとする私自身の闘争の記録である。
(ディラン・トマス)


2. おこないはおれのもの、批判は他人のもの、おれの知ったことじゃない。
(勝海舟)


3. お金というのは、大きなモチベーションにはならないとも思います。結局、成功している人というのは、やっている中味に関心と情熱を持っていて、モチベーションというのもその中味から出てきているんです。
(アレン・マイナー)


4. 富士山というものは、天気だろうが、雲がかかろうが、もとの姿は変わらない。あれが、あの状態が、いわゆる絶対積極の気持ちなんであります。
(中村天風)



5. 張り詰めた沈黙は辺(あた)り構わず大声で歎(なげ)き悲しむのと同じこと。
(ソポクレス)


6. 人と違うからって、この世の終わりじゃない。あたしはあたし。
(ドラマ『HEROES』)


7. 何億という人間が生きているが、顔はそれよりもたくさんある。だれもがいくつもの顔を持っているからである。
(リルケ)



8. 涙を流すことを恥と思う必要は全くない。
(ディケンズ)


9. 根がなければ実はならない。これは「順序」と「プロセス」の原則である。
(スティーブン・R・コヴィー)


10. 福はかすかなるより生じ、禍(わざわい)はおろそかにするより生ず。
(『説苑』)