名言ナビ



[ 名言 ]
人間、貧乏であろうと、少しもあわてることはない。
目的をもって生きる、信ずるところに生きる、修養につとめる、そこに自(おの)ずから、積極的な人生の楽しみが生まれてくるのだ。

[ 出典 ]
伊藤肇[いとう・はじめ]
(昭和後期の評論家、1926〜1980)

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
可能性の尽きることのない無限の泉がいま、あなたの中を流れていて、あらゆるあなたの夢を実現するのを待っているのです。
(ジョセフ・マーフィー)
2.
手が届かなければ、伸ばせばいい。おれは伸びるのを待ってるだけだった。
(漫画『っポイ!』)
3.
愛されるだけでは物足りない。愛の言葉もかけてほしい。静寂の世界は、お墓の中で十分に味わえるのだから。
(ジョージ・エリオット)
4.
言葉に打たれぬ者は、杖で打っても効き目がない。
(ギリシアのことわざ)

5.
心は子供のようなもので、自分の欲しいものは手に入ると思っている。
(トルコのことわざ)
6.
民主主義とは、腐敗した少数派の任命に対して、無能な多数派の選挙で置き換えたものである。
(バーナード・ショー)
7.
「明石家さんま」は、売れるまでに10年かかっているから、トップの座に10年以上座っていられるのだ。
(中邨秀雄)

8.
人間の地獄をつくり、極楽をつくるのも心。心は我々に悲劇と喜劇を感じさせる秘密の玉手箱である。
(中村天風)
9.
薬を10錠飲むよりも、心から笑った方がずっと効果があるはず。
(アンネ・フランク)
10.
寝がけには、思えば思うほど楽しく、考えれば考えるほど嬉しいことを、心に描きなさい。なんでも良いからうれしいこと、楽しいことを考えるとよい。
(中村天風)