名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人間が二人集まれば、会話の三分の二まで人のうわさである。


[ 出典 ]
菊池寛[きくち・かん]
(大正〜昭和の小説家・劇作家、1888〜1948)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
人が集まる
会話
うわさ
菊池寛の名言


[ ランダム名言 ]

1. 少数派の抵抗運動は、これから多数派になる視点を象徴的に先取りする。いのちや生活において、頂点同調主義ほど無力なものはない。
(久野収)


2. なやみはつきねんだなあ 生きているんだもの
(相田みつを)


3. 子供の頃に読んで心に残った物語は、以前はなぜ胸に響くのか分からなかった。今なら分かる。彼らはどんなに壁にぶつかっても、決して引き返さなかったからなんだ!
(映画『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』)


4. 各責任領域に関して「どんなことが起きそうか」「実際に起きたか」「なぜ起きたか」「見込みと相違」「次に何が起きると予期しているか」「それに対して、どうしようと考えているのか」「長期的な目で見た機会と……
(ドラッカー)



5. リーダー的存在であるためには、公共の利益が自らの利益を決定すると言えなければならない。この確信だけが、リーダーとしての唯一の正統性の根拠である。
(ドラッカー)


6. たのしいごはんがいいごはん
(『リラックマ生活 〜だらだらまいにちのススメ〜』)


7. 木も大きな花を咲かせ、みなの心を楽しませてくれる。人間も何か人のためにならねばならない。
(作者不詳)



8. 人びとからよい目で見られることにいかに強い欲望をもつか、人間性のうちでこの欲望ほど顕著なものはない。
(ジェームズ・ミル)


9. 並外れた結果を出すのに、並外れた努力はいらない。ただ、日々の、普通の物事を、完璧にすればいいだけだ。
(ウォーレン・バフェット)


10. 恩を受けた人は、その恩を心に留めておかなければならない。しかし、恩を与えた人はそれを覚えているべきではない。
(キケロ)