名言ナビ



[ 名言 ]
人生の旅路において醜悪であるとか、ありふれているとか思ったものに対して、人の課する罰は忘却と沈黙であるべきである。

[ 出典 ]
エルネスト・ルナン
[ジョゼフ・エルネスト・ルナン](フランスの宗教史家、思想家、1823〜1892)

ページ内メニュー

[ 関連キーワード ]
人生の旅路
醜悪
ありふれた

忘却
沈黙

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
人は自然の愛するものについてしか書くべきではない。
人生の旅路において醜悪であるとか、ありふれているとか思ったものに対して、人の課する罰は忘却と沈黙であるべきである。


[ ランダム名言 ]
1.

2.
( 福田健 )

3.
( リチャード・H・モリタ )

4.


5.

6.
( 駒澤大学の広告コピー )

7.


8.
( 田中宥久子 )

9.

10.