名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
他の親切は、その当時にこそ余計なお世話に見えるが、後になると、もういっぺんうるさく干渉してもらいたい時期が来るものである。


[ 出典 ]
夏目漱石[なつめ・そうせき]
(明治の小説家、評論家、英文学者、1867〜1916)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. コートの上で的確な状況判断をする秘訣は、すごく単純なのですが、普段の生活で正しい判断をすることです。普段それができていないのに、ましてやコート上で……


2. 才能の八割は、体力である。


3. がんばって山を登って頂上についたら、きっと青い海が見られるばい。


4. まだ未熟な連中に対して、激励もしないで徹底的にコキ下ろすなんて、絶対間違ってる。


5. (自分が)否定しようとすることを物静かに拒否するのが親切である。



6. まさかの時の友こそ真の友


7. 一生に一度も親切な行為をせず、人に真の喜びを与えず、人助けもしないで過ごすことは、老後の人生を美しく照らしてくれる楽しい記憶を、手に入れそこなうこ……


8. 負けたくないという言葉は好きじゃない。勝ちたいはまだいい。けど本当は勝つんだという言葉が一番好きだ。


9. 自己の限界を破る方法は、他人の力を自分に加えることである。しかしそれが単なる力のみではなく、人間そのものを意味する。


10. 心配は身の毒



11. 人から利用される人は、人から認められたと錯覚します。


12. 成功とは、自分の願望や目標を達成することである。


13. 人間、曲がったとなると、やっぱ意気地のないものだ。


14. 盲人が、つえの与える自由を得たいならば、危険を冒す必要があります。人生も、同じです。


15. 物質は精神の等級の最も低いものであり、精神は物質の等級の最も高いものである。



16. 大会社に入れば一生楽に暮らせるわけではない。どこでも激しい生存競争はあるし、偉そうに振舞えても単なる機構の一部の上で踊っているかかしに過ぎぬ。


17. 金は我々にとって母親でもあるが、また、我々の死でもある。


18. 我々の生は、我々が生の問題を理解し始めた瞬間に閉ざさる。


19. 欲望を限定することの方が、それを満たすよりも、はるかに誇りにするに足るものである。


20. 笛吹きたれど、汝ら踊らず。