名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
(空間の)不便さが何かを生む。
逆に完成されすぎた空間にいると、発想が受身になる。
不便な中ではみんな工夫をして、能動的にその空間と向かい合うけれど、快適すぎたり便利すぎたりしたら、全部乗っかっていればすんで(しまい)ますから。


[ 出典 ]
小山薫堂[こやま・くんどう]
(放送作家、脚本家、1964〜)
『考えないヒント』

[ 関連名言ツイッター]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. 逆境は、人が己自身を知ることのできる絶好の機会である。追従者(ついしょうしゃ)のいなくなる特別な時だから。


2. 「魂の力」は数かずの苦難を克服するたびごとにぐんぐんと成長して、再び次に来る苦難と対決します。


3. 時のたつのが早いなァと思うようになると、人生がわかってくるんです。


4. 嫉妬とは何であるか?それは他人の価値に対する憎悪を伴う羨望である。


5. 責任を外へ外へと求めていくひとには、出遇(であ)いも共感もありません。



6. 恐れおののいている間はまだ災いは本格的ではない。勇敢に立ち向かうべき時は、いよいよ手の下しようがなくなった時だ。


7. みんな、人に期待したり、なぜ英雄は出ないのかなどと、そんなことばっかり言っている。自分こそがとは誰も言わない。


8. 私たちには、二つの選択肢しかない。「他人に自分の現実をコントロールされる」か自分で自分の現実をコントロールするかだ。


9. 大騒ぎして離婚してもらって、それで結婚してすぐ気がついたのよね。二号さんの方が面白かったし、楽だったってこと。


10. たいせつなことは いまここを 具体的に どう動きどう充実させてゆくか── ただそれだけである



11. 変化は組織の外で起こる。


12. 私には、誇るべき何もない。学問もない。才能もない。肉体よごれて、心もまずしい。けれども、苦悩だけは、その青年たちに、先生、と言われて、だまってそれ……


13. 知識なんて暗記する必要はないのさ。必要になったらそのときに調べればいいんだからな。


14. 明日ありと誇るなかれ。如何(いか)なる日が来るか、汝(なんじ)、これを知らざればなり。


15. コミュニケーションの道を開くには、何といってもユーモアです。



16. 友人のために私がしてあげられる一番のこと、それは、ただ友人でいてあげること。


17. 人は、弱みを見せることを、弱い証拠だという。けれど、本当は、弱みを見せられないことが、弱い証拠なのかもしれない。


18. 苦しみや悲しみを抱えている人に同情を寄せる人は二通りに分かれる。一はその人と同じ苦しみや、悲しみを経験した人で、励ましの言葉一つにも真実味がこもる……


19. 仕事が好きで、かつ楽観的であれば、それだけで組織の空気は違ってくる。


20. 子供はほめて育てよ。