名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
勇気を持って正しいことを言った人には、必ず後押ししてあげることだ。


[ 出典 ]
堀場雅夫[ほりば・まさお]
(堀場製作所創業者、1924〜)
『人の話なんか聞くな!』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. アマチュアミュージシャンで地獄は満員だ。


2. 休日は人間に与えられたもので、人間が休日に与えられのではない。


3. 老人は再びの子どもである。


4. 女は自分の愛していない嫉妬深い男を嫌う。だが自分の愛している男がヤキモチを焼かなかったなら、女は腹を立てるだろう。


5. 女の美徳は奥深いものではないが、女の怒りは底なしである。



6. 宗教というのは本を読んで理解するのではない。図書館へ行って勉強すればわかるというものではないんです。


7. 男一匹、相手を殴るような気迫がなければ、いい仕事はできない。


8. なにか一事があるとしよう。男は、大半は黙っているものなのだ。ところが、女性は、黙っている男を見て、ずるいと考えてしまったりする。これは、男は自分の……


9. いいアイディアなら、いいからやってしまえ。許可を得るより、謝るほうがずっと簡単だ。


10. リスクは認識するものであって、避けるものではない。



11. 老害も私の批判の対象。しかし、老害がお客だったり、上司だったりする。その場合、うまく利用して自分の目標に向かうのだ。それが老害を迂回し、老害を無力……


12. 人間は何事も自分の考えた通りになる。自分の自分に与えた暗示の通りになる。


13. 忠告してこれを善道し、不可なれば則ち止む。自ら辱しめらるることなかれ。


14. 神はわたしを愛してくれている。神がわたしを愛してくれるようにひとを愛そう。


15. 老年の最大の報酬は精神の自由だ。



16. 事情が変われば己も変わるような愛、相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、そんな愛は愛ではない。


17. 神の国は眼で見るべきものではなく、また語るべきものではない。神の国はここにあり、かしこにあり、それゆえに神の国はわれわれの心の裡(うち)にある。


18. (自分は)「なぜ生まれたか」などという問いにはあまり深く立ち入らないほうが身のためだ。生まれた意味にこだわりすぎると、逆に、人生の空しさを強く感じ……


19. 月影の至らぬ里はなけれども 眺むる人の心にぞすむ


20. 女性の政治家も増えてほしいけど、その前に女性の官僚が増えるべきです。その分、料亭とかゴルフ場の接待が減るだけでも。