名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
橋という橋は何のためにあったか?
少年が欄干に手をかけて身をのりだして 悲しみがあれば流すためにあった


[ 出典 ]
吉本隆明[よしもと・たかあき]
(思想家・詩人・文芸評論家、1924〜2012)
『佃渡しで』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]
悲しみの名言
 * * * * * * * * * *
星座別名言と運勢
血液型別名言と運勢

[ 関連キーワード ]

少年

身を乗り出す
悲しみ
流す
吉本隆明の名言


[ ランダム名言 ]

1. スポーツは自分で考えるもの。コーチや指導者が提案し、その中から自分の向上心を前提に、鍛錬をしてよい成績をあげ、記録をつくる。これがスポーツ。
(猪瀬直樹)


2. 情熱、それなくして人と呼べようか
(ホイットマン)


3. なにかが成し遂げられるときには、かならずその使命のほかには何も考えられない偏執狂的な人間がいるものだ。
(ドラッカー)


4. 男が子供を産むようになるまで、性差別は無くならないと思う。
(永六輔)



5. 歳をとっての幸せは、何にも増して、プライバシーの優先を維持することだ。
(作者不詳)


6. 十分な愛で克服できない困難はない。
(エメット・フォックス)


7. 人は自分と違うものを認められない。拒絶し、畏怖する。それが戦争の始まりだ。
(映画『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』)



8. 名誉や世間の評判に囚われず、「笑わば笑え、自分は正しい道を行くんだ」というほどの強さを持ちたい。
(松下幸之助)


9. 希望とは、「何ごとであれ、自分の目標を達成する意思と方法があると信じることだ。
(C・R・シンダー)


10. 「愛せる自分」でいるために、いつでも自分らしく生きること。
(石川結貴)