名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

[ 名言 ]
おぼしきこと言は(わ)ぬは腹ふくるるわざ


[ 出典 ]
吉田兼好
[よしだ・けんこう、兼好法師]
(鎌倉〜南北朝時代の随筆家・歌人、1283〜1350)
『徒然草』第十九段

[ 意味 ]
思ったことも言わずにいると、腹が張ってくるような気持ちになる。
(齋藤孝)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]
〈類似〉
もの言わぬは腹ふくるるわざなり。
(日本の格言)

※『徒然草』のほうが元ネタと思われる。


[ ランダム名言 ]