名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
ああ、自然よ。
父よ。
僕を一人立ちに指せた廣大な父よ。
僕から目を離さないで守る事をせよ。
常に父の気魄を僕に充たせよ。
この遠い道程のため。
この遠い道程のため。


[ 出典 ]
高村光太郎[たかむら・こうたろう]
(明治〜昭和の詩人・彫刻家、1883〜1956)
詩「道程」

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
僕の前に道はない。
僕の後ろに道は出来る。
__ Link __

ああ、自然よ。
父よ。
僕を一人立ちに指せた廣大な父よ。
僕から目を離さないで守る事をせよ。
常に父の気魄を僕に充たせよ。
この遠い道程のため。
この遠い道程のため。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 仕事というのは、一生懸命やらないとかえって疲れる。


2. 自分の目的地を承知し、それを言葉と行動で表現できる人に、世の中は席を空けてくれる。


3. 上司との喧嘩、やるなら堂々とやりなさい。その喧嘩がフォア・ザ・カンパニー(会社のため)であるのなら。


4. イノベーションを実現させるためには、欠けているものは何か、成果を一変させる一歩は何か、資源の能力を一変させる小さな変化は何かを問わなければならない。


5. 勇気にとっての試練は、人が少数派に属する時にやってくる。寛容にとっての試練は、人が多数派に身を置く時にやってくる。



6. 心というものは物に触れ移りやすきものなり。


7. 孤独に強い人とは、人や社会との関係を積極的に保ちながら、ほかに支配されず、自由な自分を保てる人ということです。言いかえれば、「自律」できている人ということです。


8. 世界で一番不運で貧しい国の人たちに、テロは止(や)めろって言えるんですか?


9. あなたの子どもはあなたの子どもではない。待ちこがれた、生(せい)そのものの息子であり娘である。あなたを経てきたが、あなたから来たのではない。あなたとともにいるが、あなたに属してはいない。


10. 罪を犯す人は罪の奴隷なり。



11. こんなだらしない世の中で安心して死ねるか。


12. 人間は脈や鼓動のあるリズムの生き物で、リズムに身を置く時、私たちはものすごく自由になる。音楽を必要とする人々がいる限り、私は歌い続ける。


13. 自らを助けない者にはチャンスは巡ってこない。


14. お中元だの、お歳暮だの、いいますけど、あれ、結局は賄賂やね。


15. 過去も未来も自分を押しつぶすことはできない。自分を押しつぶせるのは現在だけだ。その現在ですら、もし適当に分割すれば、取るに足らぬものとなる。



16. 女というものは、今日の楽しみにも、将来の夢にも貪欲なものだ。


17. 万物の霊長たる自分には、人間の生命に生まれながら与えられている天賦のものが発現できないはずはないんだと敢然たる信念が断固として必要なのである。


18. およそあらゆる対人関係のトラブルは、人の課題に土足で踏み込むこと、あるいは(自分の課題に)踏み込まれることから起こる


19. 伝える努力よりも、伝わる努力をしなさい。


20. 当時、一生懸命がやたらと尊ばれた。たんなる一生懸命には何ら価値がないことを為政者は教えなかった。だから国民は一生懸命が価値を持つためには、正しい理論に基づくことが前提条件だということを悟らなかった。