名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
誉(ほまれ)はまた毀(そし)りの本(もと)なり


[ 出典 ]
吉田兼好
[よしだ・けんこう、兼好法師]
(鎌倉〜南北朝時代の随筆家・歌人、1283〜1350)
『徒然草』第三十八段

[ 意味 ]
名誉や栄誉を持つことは、人の嫉妬を買う原因となり、非難の的になる。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]
誉れ
名誉
栄誉
嫉妬
非難の的
吉田兼好の名言


[ ランダム名言 ]

1. 風林火山──疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し。


2. あなたは選択するためにここにいるのです。あなたの力と責任とを受け入れなさい。そしてひとりで決定を下しなさい。


3. 現実主義者になりたければ、奇跡を信じることだ。


4. 人生に一つくらい取り返しのつかないことがあったほうがいい。


5. 人生は晩年の方が充実する。過去の失敗から知恵が、それまでの蓄積から先見力が生れるからだ。



6. 顔を見るのは、評判を聞くよりも確かである。


7. 簡単なように見せかけなさい。そうすれば簡単になります。


8. 仕事をやり報酬を求めよ。ただしこの順序は守ること。


9. 今日の常識、明日の非常識。昨日の非常識、今日の常識。


10. 才能というのは、触発してくれる人がいて初めて花咲くものです。



11. 「生き残り」って裏を返せば「死ぬ人」を出すことでしょう。僕は「死ぬ人」は出したくない。みんなが共存共栄でよくなることをやらなくっちゃ。


12. トラブル対処の法則──いったんトラブルが発生してしまった後では、急いで動けばミスを重ね、慎重に動けば手遅れとなる。


13. 武術を怠り、精神に確固たる自信が無く、きょうは左あすは右、ふらりふらりと千鳥足の生活から、どんな文芸が生まれるか凡(およ)そわかり切っている事です。


14. 頭で稼ぐより、足で稼いだ方が長持ちするぜ。


15. 理由も分からずに押付けられた物を大人しく受取って、理由も分からずに生きて行くのが、我々生きもののさだめだ。



16. 人生の歩みの中には、ジェット機はありません。自分の足で、自分が歩いていくしかありません。描いた夢に至る手っ取り早い手段や近道があると思うなど、とん……


17. 教育の原点は、食べることを通して自己保存できる知恵を学ぶこと。


18. 男は愛の中でも独自の特徴を保っている。女は愛のためにいつも変わる。恋する女は誰でも同じものになる。


19. 困難とともに生きると、極限状況にあっても落ち着くことができる。


20. 神が人間に一つの舌と二つの耳を授けたのは、しゃべるより二倍多く聞くためである。