名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
学ぶのに、時間を費やしすぎるのは、怠惰である。


[ 出典 ]
フランシス・ベーコン
(16〜17世紀イギリスの哲学者・神学者・政治学者、1561〜1626)
『随筆集』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
学ぶのに、多くの時間を費やしすぎるのは、怠惰である。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]

[ 解説 ]
「勉強するな」「勉強に時間をかけるな」と言っているのではありません。
勉強ばかりしていて、学んだ知識を現実社会に応用しないのであれば、結局それは遊んでいるのと同じだと言っているのです。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]

1. 子供にはあらゆることが初体験だから、怖いものだらけ。怖がるのは恥ずかしいことじゃない。一つずつ乗り越え強くなるんだ。
(ロビン・ウィリアムズ)


2. 私は、幸福論など語ろうとは思わない。むしろ馬鹿げているとさえ思っています。だって、今思っている幸せと、後から思う幸せとはまったく別のものだからです。
(養老孟司)


3. 危機には正面からぶつからないで、避けたほうが安全かと言うと、長い目で見れば決してそんなことはない。
(ヘレン・ケラー)


4. 自己に自殺の命令を下したのみならず、その手段を見出せし人間は真に偉大というべきなり。
(セネカ)



5. 世の中には、それこそいろいろあって、誰だって傷つくんだから、「痛い」と泣いてないでバンソウコウを貼って、しっかり生きていかなきゃダメよ。
(田嶋陽子)


6. この世で何かまともなことをしたいと思っている男には、ガールハントのような、時間も金もかかる狩りをなしとげる余裕なんかない。
(バーナード・ショー)


7. はげしく渦巻き さかんに泡だち しかも少しも濁らない 透明ないのちでありたい 瀧壺(たきつぼ)の水のように
(相田みつを)



8. 水は方円(ほうえん)の器(うつわ)に従い、人は善悪の友による。
(『韓非子』)


9. 恐るべしは「亀の歩み」である。目標を一心に見つめ、一歩ずつ確実に歩き続ければいいのである。
(渡邉美樹)


10. 人間の迷いを 呼び覚ましてくださる仏教が 迷いの種となっている  この迷妄の深さよ
(浅田正作)