名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
幸せは、悪いことが起きたからといって減るものではない。
自分の中にたまり続けるものなのだ。
そうしてできた幸せの山に目を向けていれば、たえず幸せな気持ちでいられるだろう。


[ 出典 ]
ながれおとや
[ながれ・おとや]
(なぞなぞ作家、言葉遊び研究家、名言・成功哲学・幸福哲学研究家、1967〜)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. いかなる障害があっても、自棄(やけ)を起こさず、深く考え抜いて前進を続けてこそ人間なのだ。考えず、計画せず、逆境に負けてしまうのでは動物と同じである。


2. 人生でいちばんきついのは、心ならずも誰かを傷つけてしまうことであって、自分が傷つくことではありません。


3. 「あなたにしかできないのだから、何とかやってほしい」と言われる仕事が嫌いだということは現実にはまずないのだが、もし「世の中のために必要で私にしかで……


4. 随筆は小説と違って、作者の言葉も「なま」であるから、よっぽど気を付けて書かない事には、あらぬ隣人をさえ傷つける。


5. 「色々な仕事が出来る人」の「色」は、色々なことを知っている「色」なんだよ。だから、それがエロなの。



6. 美しいと感じたものを、そのまま美しく表現しようと努力する甘さ、おろかしさ。


7. 結局のところ、完全に健全な親子関係などありえないのだ。親子である限り、そこには“何か”ある、と思ったほうがよい。


8. 先入観を取り除くために、常に「なぜ」と自問しない者は、どんなに勉強しようとも怠け者だ。


9. ケータイは浮気を誘発・促進する悪魔のツールである。


10. 人間の幸せというものは、しみじみと、心の底から、ああ、いま、自分は生きているということを感じることだな。そうすれば、自分のまわりのものが、草でも、……



11. 水は高きより低きに流れる


12. 飢えている国は軍隊が力を持つんです。日本だってそうだったじゃありませんか。


13. 俺は俺を信じているよ。俺はいつだって、俺に期待してるんだよ。


14. 生死を譬(たとえ)ば、水と氷の如し。生は水結(むすび)て氷となるが如し。死は氷とけて水となるに似たり。


15. 何かをしようとすれば、失敗を避けることはできない。逆に言えば、失敗せずにできるようなことは、たいしたことではない。



16. 我々は虹を見ても、未開人が抱くような敬虔な気持ちを持つことがない。なぜならば、虹がどうしてできるのかを知っているからだ。我々はそうしたものを詮索す……


17. こそどろは縛り首にされるが、大どろぼうはあがめられる。


18. 仕事は雑に考えると、雑事になってしまう。


19. 道がなければ、自ら、道を開かん!


20. 今日の一日は明日の二日に相当する。