心が燃えない】 【心が燃える
心が燃えている】 【心が燃え尽きる】 【心の問題
心はもろい】 【心をもてあそぶ】 【心を持つ
心を持っている】 【心を燃やし尽くす】 【心を燃やす
心を向ける】 【心を蝕む】 【心を結びつける
心が萎える】 【心の嘆き】 【心を投げる】 【心を和ませる
心が和む】 【心を慰める】 【心を慰めるもの
心慰めるものを表現】 【心がない】 【心の内部
心の内面】 【心の中】 【心の中の争い】 【心の中にある
心の中にある絵】 【心の中にある壁】 【心の中にあるもの
心の中にある障害】 【心の中にある想像画
心の中のクリスマス】 【心の中にしか存在しない
心の中の画面】 【心の中から始まる】 【心の中の蛇
心の中の変革】 【心の中に潜む】 【心の中のアイデア
心の中で生きていく】 【心の中で生きている
心の中で生き続ける】 【心の中のイメージ
心の中で祝う】 【心の中で感謝】 【心の中が変わる
心の中の声】 【心の中で共生
心の中を満たす
心の中で叫ぶ】 【心の中で信じる】 【心の中で死ぬ
心の中に沈む】 【心の中の旅】 【心の中を漂う
心の中での対話】 【心の中で問いかける】 【心の中を通過
心の中に鬱積】 【心の中にやって来る
心の中で許さない】 【心が泣く】 【心をなくす
心ならずも】 【心ならずも譲る(譲歩)】 【心を悩ます
心の悩み】 【心の悩みを癒せない】 【心の悩みに陥る
心根】 【心に願う】 【心に願うこと(行為)
心に願うこと(事柄)】 【心根が卑しい】 【心根を枯らす
心根の貧しさ】 【心の眠り】 【心のねんざ】 【心の濁り
心に決める】 【心にもない】 【心にもないこと
心にもない言葉】 【心にもない願い】 【心にもないお世辞
心にもない賛辞】 【心の庭】 【心がのびのび】 【心残り
心残りがない】 【心に残る】 【心に残す
心に残す暇がない】 【心の能力】 【心のぬくもり
心のオアシス】 【心の落ち着き】 【心が穏やか

心が穏やかになる】 【心を穏やかに保つ
心をおどらせる】 【心が踊る】 【心の老い】 【心が老いる
心を追い詰める】 【心の置き所】 【心の掟】 【心の奥
心の奥深く】 【心の奥深くに分け入る
心の奥に気持ちを向ける】 【心の奥の大掃除】 【心の奥底
心の奥底の考え】 【心の奥底に根ざす】 【心の思い
心が重い】 【心に思い浮かべる】 【心に思い浮かぶ
心の重荷】 【心の重し】 【心に思う】 【心の温度
心が大きい】 【心が大きくなる】 【心の大きさ
心が折れない】 【心が折れる】 【心の澱】 【心の澱を流す
心を抑えつける】 【心のおしゃべり】 【心の衰え
心のページ】 【心のパターン】 【心のパイプ
心が楽になる】 【心を楽にする】 【心は羅針盤
心の錬金術】 【心の牢獄】 【心の老化】 【心を労する
心は財布に依存】 【心に逆らう】 【心の叫び】 【心の産物
心は散漫な器官
心の支え】 【心の性別】 【心の成長
心を制御】 【心の聖なるもの】 【心の整理】 【心の青春
心の世界】 【心が狭い】 【心を縛る】 【心がしぼむ
心次第】 【心の支配下】 【心が支配される】 【心の仕掛け
心の締まり】 【心に締まりがない】 【心を占める
心を締めつける】 【心に染み込む】 【心にしみる
心を深淵に運び去る】 【心の真実】 【心の信仰
心の真の薬】 【心の進歩】 【心の振幅】 【心の深層
心の姿勢】 【心の刺繍】 【心に従う】 【心して〜する
心して見る】 【心しておく】 【心のシワ】 【心静か
心静かに考える】 【心を静かにする】 【心静かに称える
心が静まる】 【心の処方箋】 【心の生涯】 【心を集中
心はそばにいる】 【心を育てる】 【心の底
心の底では腹立たしい】 【心の底に隠されている愛
心の底から】 【心の底から愛する
心の底から微笑む
心の底から悲しむ】 【心の底から感動
心の底からの叫び声】 【心の底から叫ぶ
心の底から笑う】 【心の底の声】 【心の底をたたく
心を染める】 【心の備え】 【心の率直さ】 【心の喪失感
心の創造物】 【心すべき】 【心を救う】 【心を澄ます
心に住む】 【心の素直さ】 【心が澄んでいない
心が澄んでいる】 【心がすさむ】 【心を進める
心を捨てる】 【心を吸われる】 【心の田】 【心を耕す
心の田畑】 【心の態度】 【心を態度で表す
心の態度を克服】 【心の太鼓】 【心の体温
心を大切にする】 【心の太陽】 【心に太陽を】 【心は高く
心を高く保つ】 【心を高める】 【心の高さ】 【心楽しい
心楽しい朝】 【心楽しい人】 【心を楽しくする
心を楽しませる】 【心楽しむ】 【心の鍛錬】 【心に達する
心に頼らない】 【心に尋ねる】 【心の敵
心の天気
心に照らす】 【心の扉】 【心の扉を開ける
心の扉が開く】 【心の扉を開く】 【心の扉の開閉
心の扉が閉まっている】 【心の扉をたたく】 【心に届く
心に届く言葉】 【心に届く歌】 【心にとどめる
心のトゲを抜く】 【心にトゲが刺さる】 【心を閉じる
心を閉じている】 【心が融け合う】 【心を解き放つ
心を解きほぐす】 【心にとめる】 【心の灯火
心をとらえる】 【心にとらわれる】 【心が年をとる
心が整えられる】 【心が整う】 【心を閉ざさせる
心を閉ざす】 【心がついて行かない】 【心の疲れ
心を使う】 【心に使われる】 【心を突き動かす
心を作る】 【心に積もる】 【心をつなぐ】 【心がつらい
心の釣り合わない結婚】 【心を伝え合う】 【心を伝える
心に伝わる】 【心を慎む】 【心が通じ合う】 【心が通じる
心が強い】 【心が強くなる】 【心を強くする
心を強く保つ】 【心の強さ
心を奪う】 【心を奪われる
心の内】 【心を打ち明ける】 【心を打ちひしぐ敗北
心を打ち込む】 【心に植えつける】 【心が動かない
心が動かない(動じない)】 【心を動かさない
心を動かされる】 【心を動かす】 【心の動き】 【心が動く
心に浮かべる】 【心に浮かぶ】 【心に浮かんだ言葉
心が受け入れる】 【心に受けた衝撃】 【心を受け取る
心が生まれる】 【心を埋める】 【心の膿】 【心の潤い
心を失わない】 【心を打つ】 【心を打つ言葉
心を打つ行為】 【心の美しい人】 【心が移り変わる
心を映し出す】 【心を映し出す鏡】 【心を映す
心に訴える】 【心は広い】 【心の若さ】 【心の若さを保つ
心は崩れない】 【心を忘れる】 【心は玉手箱】 【心は弱い
心の煩い】 【心を煩わせる】 【心を決める】 【心を照らす
心に宿る】 【心の病】 【心の闇】 【心が病む
心の病んだ人
心やり】 【心優しい】 【心優しい男
心を養う】 【心が休まる】 【心を休める】 【心の安らぎ
心が安らぐ】 【心安らか】 【心を和らげる】 【心が和らぐ
心が呼ばないもの】 【心の汚れ】 【心の汚れを流す
快い】 【快い芸術】 【快い方法】 【快い言葉
快い眼差し】 【快いもの】 【快い眠り】 【快い体験
快い喜び】 【快く】 【快く援助】 【快く迎える
快くない】 【快くない言葉】 【快く受け入れる
快く受け取る】 【心を読み取る】 【心を読む
心のよりどころ】 【心を喜ばせる】 【心の喜び
心を寄せる】 【心の養生】 【心が弱い】 【心の弱い人
心の弱さ】 【心の余裕】 【心の余裕がない
心をゆだねる】 【心が愉快】 【心ゆくまで
心ゆくまで味わう】 【心の揺らぎ】 【心が揺らぐ
心を揺らす】 【心の揺れ