枯渇】 【苔(こけ)】 【こけおどし】 【こける
虎穴】 【こき下ろす】 【こき使う】 【こき使われる
国家】 【国家の明日】 【国家の独立】 【国家の奴隷
国家の義務】 【国家の破滅】 【国家の繁栄
国家のはしか】 【国家の発展】 【国家の発展に寄与
国家の平和】 【国家を開く】 【国家が滅びる
国家の崩壊】 【国家崩壊の原因】 【国会】 【国会は動物園
国会議員】 【国会に行く】 【国家の価値】 【国家を改革
国家を改善】 【国家間の平和】 【国家間の関係
国家に管理される】 【国家の形成】 【国家の権利
国家権力】 【国家を築く】 【国家に貢献
国家の公務に従事】 【国家の競争相手】 【国家を守る
国家がない】 【国家が成り立たない】 【国家が成り立つ
国家はナンセンス】 【国家の利益】 【国家の利益追求
国家の最優先課題】 【国家の成長】 【国家制度

国家の成立】 【国家戦略】 【国家指導者】 【国家の僕
国家の進歩】 【国家主義】 【国家を損なう
国家という組織】 【国家の装飾】 【国家の大業をなす
国家のため】 【国家のために忍ぶ】 【国家のために死ぬ
国家に頼る】 【国家に統制される】 【国家に尽くす
国家につながる】 【国家の要求】 【滑稽】 【滑稽な出来事
滑稽なふりはできない】 【滑稽なこと】 【滑稽なもの
滑稽な生活】 【滑稽な罪悪感】 【国旗】 【克己】 【克己心
刻苦】 【国境】 【国境を引く】 【国境が消え失せる
国境を越える】 【国境問題】 【国境がない】 【ここ
心の安静】 【ここにある】 【心地】 【心地よい
心地よい響き】 【心地よい道】 【心地よい眠り
心地よい死】 【心地よい罪悪】 【心地よくする
心地よさ】 【心地よさを感じる】 【心地よさを求める
心地よさはぜいたく
ここにいる理由】 【ここから
心は宇宙より大きい】 【故国】 【故国愛】 【故国を愛する
5代目 古今亭志ん生の名言】 【古今東西
古今東西共通】 【心の純化】 【】 【心が明るい
心を明るくする】 【心の穴】 【心の暗部
心の安静の放棄】 【心の安息】 【心の安定
心のアンテナ】 【心のアパートの住人】 【心新たに〜する
心を改める】 【心を新たにする】 【心を洗う
心が現れる】 【心が表れる】 【心が洗われる
心のあり方】 【心のあり方の間違い】 【心の有りよう
心の有りようが間違っている】 【心がある
心に足跡をつける】 【心の遊び】 【心を与える
心が温まる】 【心が温められる】 【心を温める
心を合わせる】 【心を暴露】 【心のバランス
心のバランスが崩れる】 【心は敏感】 【心細い
心の防衛反応】 【心のぶつかり合い】 【心の病気
心が病気になる】 【心のカレンダー】 【心のキャンバス

心のチャンネル】 【心が小さくなる】 【心を小さくする
心の力】 【心の力が萎縮】 【心の力を取り扱う
心の力が運命に勝る】 【心の知己】 【心の塵
心の塵を払い落とす】 【心の秩序】 【心の調和
心を堕落させる勝利】 【心で愛する】 【心の出口
心で判断】 【心で考える】 【心で感じる】 【心で見る
心で見分ける】 【心の田地】 【心で分かる】 【心の土壌
心の毒】 【心の毒薬】 【心のどん底】 【心は道具
心に同化】 【心の動揺】 【心得】 【心の中の絵
心に描いた通りになる】 【心に描く】 【心に描くイメージ
心に描く恐怖】 【心に描くもの】 【心に描くものを実行
心に描く世界】 【心に描く夢】 【心の栄養
心の栄養をとる】 【心得ない】 【心得る】 【心の不安
心が不安定】 【心に負荷をかける】 【心に深く届く
心の深み】 【心のふれ合い】 【心がふれ合う

心がふれ合わない】 【心のふれ合いがない
心を振り回す】 【心が古びる】 【心が震える
心を奮い立たせる】 【心の腐食】 【心が不安
心を害する】 【心掛かり】 【心がけ】 【心がける
心がけるべきこと】 【心がけが良い】 【心が決める
心構え】 【心構えができていない
心構えができていない人】 【心構えができている
心構えができている人】 【心構えを変える】 【心変わり
心変わりしない】 【心は劇場】 【心をごまかす】 【心の幅
心の波長】 【心が灰になる】 【心に入り込む】 【心を破壊
心を運ぶ】 【心を離さない】 【心の花園】 【心を判別
心に針】 【心の張り】 【心に張りを与える
心に張りが出る】 【心の畑を耕す】 【心を働かせる
心の働き】 【心が働く】 【心に弾みを持ち続ける
心の平安】 【心の平安を乱す】 【心の平安を保つ
心の平安を取り戻す】 【心の平衡】 【心の平静
心が平静に戻る
心の平和】 【心の平和を得る
心の平和な人】 【心の平和を保つ】 【心の平和を取り戻す
心の平和を奪う】 【心に平和が宿る】 【心の変化の扉
心の火】 【心に響く】 【心を惹かれる】 【心が光る
心の引き出し】 【心の火が消える】 【心が引き締まる
心を引き締める強壮剤】 【心を惹きつける
心を低く保つ】 【心に暇がある】 【心に秘める
心の雛型】 【心の貧困】 【心を開かない】 【心を開かせる
心が開く】 【心を開く】 【心が広がる】 【心を広げる
心が広い】 【心は広く】 【心が広くなる】 【心を広くする
心の広さ】 【心の広さを主張】 【心に潜む
心に潜む悪魔】 【心に火をつける】 【心の微笑み
心が誇り】 【心の骨休め】 【心の法則】 【心の表情
心の居場所】 【心に抱く】 【心に抱くイメージ
心の井戸】 【心に活かす】 【心意気】 【心の勢い
心に勢いが出る
心にイメージを描く
心のイメージパターンを変える】 【心の祈り】 【心の引退
心を一歩出る】 【心の医者】 【心は石ではない
心が萎縮】 【心を痛める】 【心の痛み
心の痛みを忘れさせる】 【心が痛む】 【心に至る
心が卑しい】 【心を癒す】 【心の泉】 【心の時代
心の軸が定まる】 【心の自制】 【心の自由】 【心の自由人
心が自由になる】 【心の自由を失う】 【心を丈夫にする
心の浄化】 【心の状況】 【心の状態】 【心の状態を暴露
心の状態を映し出す】 【心の準備
心の準備ができている】 【心の準備ができている人
心を重視】 【心の充足】 【心の壁】 【心の壁を越える
心のカビ】 【心のカビの防止】 【心にカビが生える
心の花壇】 【心を変えない】 【心を変える】 【心の鏡
心の回復】 【心の開閉を制御】 【心の解放】 【心にかかる
心がかき乱される】 【心をかき乱す】 【心の垣根

心に書き記す】 【心に書きとめる】 【心に書く
心の仮面】 【心は顔に表れる】 【心からの愛
心から愛する】 【心から謝る】 【心と体
心と体は表裏一体】 【心と体の健康】 【心から出る言葉
心から出る歌】 【心から同情】 【心からの笑顔
心から発する言葉】 【心から奉仕】 【心から言える
心から祈る】 【心から言う】 【心から実感】 【心から感謝
心から感心する】 【心から語りかける言葉
心から恋をする】 【心から心に至る道】 【心からの言葉
心から来る】 【心から来るもの】 【心からくつろぐ
心から興味を持つ】 【心から満足】 【心から求める
心から納得】 【心からの願い】 【心から願う
心から望む】 【心から望むもの】 【心から望んだもの
心から思う】 【心から応援】 【心が空っぽ
心を空っぽにする】 【心から賛成】 【心から信じる
心から信頼】 【心から賞賛】 【心から尊敬
心から〜する】 【心から楽しめること/もの