考えなくなる】 【考え直す
考えが人間を作る】 【考え抜いてやる】 【考え抜く
考えがおかしい】 【考えられない】 【考えられる
考えられる(受け身)】 【考えられている】 【考えの理由
考える】 【考える葦】 【考えるべきこと
考えるべきことがはっきり見える】 【考える力
考える力がある】 【考える力がある人
考える力はお金では買えない】 【考える暇を持つ
考える暇がない】 【考える人】 【考える人の幸福
考える時間】 【考えること(行為)
考えること(内容)】 【考えることを実現
考えることは選ぶこと】 【考えることを回避
考えることから解放】 【考えることから逃れる
考えることしか知らない人】 【考えることをしない
考えることを知らない】 【考えることを忘れる
考えることをやめる】 【考える能力
考えると際限がない】 【考える視点】 【考える主体
考える習慣】 【考えるために生きる】 【考える通り
考えるために生まれる】 【考えが定まっている
考えさせる】 【考えの正邪】 【考えの所産
考えが全ての原因】 【考え過ぎる
考えすぎる国王
考えただけで分かる】 【考えた結果】 【考えたこと
考えたことが実現】 【考えたことを実行しない
考えたことを実現】 【考えたことを口に出す
考えたことを教える】 【考えた通り】 【考えた通りの結果
考えたように行動】 【考えてできたこと】 【考えていない
考えている】 【考えていること】 【考えていることを話す
考えていることを隠す】 【考えていることを再現
考えていることが分からない】 【考えていることが分かる
考えている通りに話す】 【考えている通りにしゃべる
考えているつもり】 【考えてから歩こうとする
考えても仕方がない】 【考えもつかない】 【考えつく
考えを作る】 【考え尽くされる】 【考え尽くす
考えを伝える】 【考え続ける】 【考えが浮かぶ
考えが生まれる】 【考えが分かる】 【考えを読み取る
考えずにはいられない】 【歓迎】 【歓迎表現
歓迎されない】 【歓迎される】 【感激】 【間隙】 【甘言
還元】 【閑吟集の名言】 【看護】 【看護婦
看護婦の不足
監獄】 【監獄に行く】 【監獄の壁
看護師】 【官軍】 【勘が働かない】 【勘を働かせる
カニ】 【間一髪】 【間一髪の差】 【患者】 【奸者
患者の回復】 【患者を慰める】 【患者の存在】 【感じ
漢字】 【漢字を避ける】 【感じ方】 【感じ方の広がり
肝心】 【感じない】 【感じなさ過ぎ】 【肝心な話
肝心なこと】 【肝心なことを考えない
肝心なことを聞かない】 【肝心なことは目に見えない
肝心なことが見えない】 【肝心なもの
肝心なものが見えなくなる】 【肝心なものを見落とす
肝心なものを教えない】 【肝心なのは】 【肝心な用件
感じる】 【感じる力】 【感じる人】 【感じる心
感じること(行為)】 【感じること(対象)
感じることを言い表す】 【感じることがない
感じることができない】 【感じるままに生きる
感じたこと】 【感じたもの】 【感じ取る】 【感じ取る人
感じやすい
感じやすい子供心】 【感じやすい頃
感じやすい植物】 【漢書の名言】 【感情に火がつく
感情】 【勘定】 【感情を表す】 【感情がある
感情を与える】 【感情は後からついてくる】 【感情の爆発
感情はバネ】 【感情の蓄積】 【感情の調整】 【感情を調節
感情をコントロール】 【感情からの脱出】 【感情を出す
感情の伝達】 【感情の奴隷】 【感情の動物】 【感情の道具
感情を複雑にする】 【感情の原因】 【感情を吐き出す
感情で判断】 【感情を引き出す】 【感情を滅ぼす
感情を表現】 【感情移入】 【感情を癒す】 【感情の浄化
感情の解放】 【感情を喚起】 【感情の塊
感情を語らせる】 【感情を活用】 【感情を規制
感情の季節】 【感情を傷つけられる】 【感情を傷つける
感情を込める】 【感情は行動に従う】 【感情の更新
感情を食い荒らす】 【感情の共有】 【感情面の抵抗力
感情を見せる】 【感情を持たない
感情への無理解
感情が流れ出す】 【感情がない】 【感情が落ち着いている
感情を追い出す】 【感情を表に出す】 【感情を覆い隠す
感情を抑える】 【感情パターン】 【感情で恋愛
感情を左右】 【感情に左右されない】 【感情に左右される
感情生活の変化】 【感情に支配される】 【感情の神経
感情に従って行動】 【感情に従う】 【感情が高ぶる
感情を溜め込む】 【感情的】 【感情的な議論
感情的なゴミ】 【感情的な発作に襲われる
感情的な報酬】 【感情的なもつれ】 【感情の展開
感情の天候】 【感情の投影】 【感情を統御】 【感情の統制
感情をつかもうとする】 【感情をつかむ】 【感情を使う
感情を伝える】 【感情で動く】 【感情が運命を左右
感情は嘘をつく】 【感情が移り変わる】 【感情を訴える
感情に訴える】 【感情のやり場】 【感情を抑制
感情を読み取る】 【感情は絶対的なもの】 【甘受】 【感受
感受性】 【感受性の氾濫】 【感受性の欠如

感受性が薄れる】 【感受性を養う】 【感受性が豊か
閑暇】 【感化】 【感化の停止】 【閑暇を活用】 【感覚
感覚にブレーキをかける】 【感覚で分かる】 【感覚を偏愛
感覚を表現】 【感覚の欠落】 【感覚を身につける
感覚の問題】 【感覚の生活】 【感覚を支配】 【感覚が素直
感覚が鋭くなる】 【感覚的】 【感覚的な人
感覚はたぶらかす】 【閑暇を享楽】 【閑暇の産物
閑暇は死】 【関係】 【関係ができる】 【関係を維持
関係を樹立】 【関係の確立】 【関係が切れる
関係を切る】 【関係を築く】 【関係を築くのが難しい
関係を持つ】 【関係を結ぶ】 【関係ない
関係が成り立たない】 【関係が成り立つ】 【関係性
関係性の思考】 【関係者】 【関係の進展】 【関係を修復
関係する】 【関係を断たない】 【関係を断つ
(人との)関係を絶つ】 【関係をとらえる】 【関係を作る

関係が続く】 【関係が生まれる】 【簡潔】 【完結
簡潔な表現】 【簡潔な格言】 【簡潔な言葉】 【簡潔なもの
簡潔にする】 【完結しない】 【歓喜】 【喚起
歓喜を測る】 【歓喜の感情】 【歓喜を語る】 【歓喜の経験
歓喜に満ちた言葉】 【歓喜は短い】 【歓喜は無常】 【換金
監禁】 【敢行】 【観光】 【観光業】 【観光業を盛り上げる
観客】 【観客の目】 【観客を魅了】 【観客との接点
観客が信じる】 【観客の趣味】 【観客に伝わる】 【環境
環境に合わせる】 【環境の奴隷】 【環境に迎合
環境に配慮】 【環境破壊】 【環境の変化
環境の変化に対応】 【環境の変化に適応
環境の変化に弱い】 【環境が引き起こすミス
環境が人を変える】 【環境に依存
環境は自分を映し出す鏡】 【環境条件】 【環境に順応
環境を変える】 【環境が変わる
環境を克服
環境を共有】 【環境にマッチ】 【環境に恵まれる
環境問題】 【環境を嘆く】 【環境に慣れる
環境は人間の創造物】 【環境の歴史】 【環境の産物
環境の整備】 【環境のせいにしない】 【環境のせいにする
環境のせいにする癖】 【環境を支配】 【環境の創造物
環境を提供】 【環境に適応】 【環境への適応能力
環境的な要因】 【環境を整える】 【環境を作る
環境の受け止め方】 【環境を恨む】 【環境を移す
環境が悪い】 【緩慢】 【感銘】 【簡明】 【勘を身につける
】 【冠を捧げる】 【カンナ】 【艱難
艱難を抱きしめる】 【艱難は教師】 【艱難汝を玉にす
艱難に耐え抜く】 【艱難に耐える】 【観念
観念に縛られる】 【観念的】 【堪忍(耐え忍ぶ)
堪忍(許す)】 【堪忍袋】 【官能】 【感応】 【感応の心
官能を殺す】 【官能の詩