60001.ドッと一緒に人をあざけり笑ってそれか…
60002.いったい人間は、自分で自分を完成でき…
60003.うつ病になったりする人は、非常に感情…
60004.勝つために、実に卑劣な手段を用いる。…
60005.偶然に起こるなどというものはなにもあ…
60006.リストラの対象者には、まったく仕事を…
60007.任天堂が市場を創り出すんですよ。調査…
60008.男と女との間に始まる友情は、間もなく…
60009.役所はどこでも、野心と嫉妬と保身でで…
60010.自由に必要なものは、ただ誠実だけだ

60012.偶然即(すなわ)ち神と闘うものは常に…
60013.お客様の苦情から商品の欠陥が判る。お…
60014.信心がないときには悲しみや苦しみが濁…
60015.日本には「誠」という倫理はあっても、…
60016.快楽に浸る者は暗愚であり、高慢、過大…
60017.探検家は、まず第一に、やるかやらない…
60018.夢はあなたの潜在意識の劇化であり、あ…
60019.意識をすると、現実が動き始めます。
60020.社員や子供に自尊心を持たせるというこ…

60021.次にやりたいことは、私たちには決して…
60022.潜在意識の導きを受ける時は、最も簡単…
60023.経営における判断は、世間でいう筋の通…
60024.美に対する女性の感受性は、凡庸でなけ…
60025.採算を向上させていくためには、売上を…
60026.すべてのことに「けじめ」がなくなって…
60027.放心について──森羅万象の美に切り…
60028.女の値打ちは、物の塩梅(あんばい)を…
60029.若い人はがんばれっていう言葉がとても…
60030.すべて真実なこと、すべて尊ぶべきこと…

60031.コノ世ノモノハ ミンナ食べモノ コノ…
60032.そんなつもりはなくても、人はね、誰か…
60033.酒は口から 恋は目から
60034.トップにノーと言うのは勇気がいること…
60035.マス・メディアの報道は、@世に影響…
60036.誰も傷つけないものを書こうとして凡庸…
60037.そもそも自分の目標を立てるに当たり、…
60038.現代人は悪しき合理主義、知性、言語主…
60039.人は、男・女性に関するさまざまなこと…
60040.(地球は)道場となれば、つらいのはあ…

60041.今日という日は、もう二度と得られない…
60042.善意と思い込んでる無神経は一番かなわ…
60043.運命とは結果だ。やれるだけやったあと…
60044.此(こ)の花は真(まこと)の花にはあ…
60045.尺取虫は すらすらと進めない 屈んで…
60046.頑張れるときは 頑張ったらええ 頑張…
60047.神は存在するか、という問いは、自分が…
60048.生まれるに時あり、死ぬに時あり。
60049.とことんやるだけで、勝手に自分らしく…
60050.運とか偶然とかめぐり合わせなどという…


60051.いまおとなは、自分のほんとうのよろこ…
60052.同性を好きになる人は、じつは左利きの…
60053.モノの豊かさでは、心の喪失感は補えま…
60054.己の欲に従えば、必ず犠牲が生じる。快…
60055.貧乏には美徳などひそんでいない。それ…
60056.(会社を)治すのではない。治す力を引…
60057.欲しかった息子ができた。娘を奪った息…
60058.年齢が高いから経験が豊富というわけで…
60059.苦しみは変わらない、変わるのは希望だ…
60060.大衆を指導する者は、断じて、大衆に指…

60061.どんなものでも、時間をかけて味わわな…
60062.経営者にとっての最も重要な資質は逃げ…
60063.危険に身をさらさなければ、苦しみや、…
60064.離婚によってマイナスの影響を受けない…
60065.寝る際の心がけとして、「悲しいこと」…
60066.達成感が非常に大切なんです。腰を据え…
60067.おそらくすべての芸術の根本は、そして…
60068.成功とは、自分の願望や目標を達成する…
60069.人生にはいろいろなことがあります。し…
60070.生のみが我等(われら)にあらず 死も…

60071.みなさーん、勉強しなくても生きていけ…
60072.あなたの欲するものをはっきりとした形…
60073.見向きもされず、自分自身も何も考えず…
60074.上司に動いてもらうためには、「あなた…
60075.同業者がある程度増えて、お互いに宣伝…
60076.女は、一瞬間一瞬間の、せめて美しさの…
60077.他者との会話において、まったく否定語…
60078.自分の考えや、自分の周囲の考えを、世…
60079.他人に手をさしのべれば、やっかいごと…
60080.人生というドラマにおいては、自分を主…

60081.悲しいのは 人を責める言葉 素晴らし…
60082.ああ、人生のルールは、人が、それをた…
60083.心に生ぜし怒りは苦しみを生ず。
60084.私が成功できたのは、他人より利口だっ…
60085.書物……一万語を軟禁してある紙の城。…
60086.趣味というものは、むずかしいものでし…
60087.苦しみや悲しみを受け止めていける場所…
60088.人間の道具と武器は、特殊器官の欠如を…
60089.空想は創造性の卵を孵(かえ)し、夢想…
60090.過去の何ものにも縛られず、次の瞬間か…

60091.目の前で悲しんでいる人を見つけたら何…
60092.俺は体が弱いと思ってりゃ体が弱い。俺…
60093.(軽い気持ちでマンガ家を目指せば)餓…
60094.信心は、罪から人を救うと同時に、人間…
60095.私のウヌボレを 気づかせる材料を 次…
60096.優しくするだけが優しさじゃない。
60097.名は公器なり、多く取るべからず。
60098.目標をきちっと定めると、それを達成す…
60099.貧乏人根性というものは、決していいも…
60100.事実になりうる可能性が考慮されなかっ…


60101.話を聞きたくなるような人が経営者の周…
60102.安楽の都会を離れて、直感の荒野へ向か…
60103.(雑談では)相手が興味がないと思った…
60104.何とかして生きたい。
60105.言葉を少なくする者は、知識のある者。
60106.私が疑うことのできぬ唯一の勝利は、種…
60107.どんな母親でもわが子が悪いとは決して…
60108.北風がふいて 木は葉を落とし 南風が…
60109.時は流れる川である。流水に逆らわずに…
60110.上の者に話を聞いてもらえるだけで、社…

60112.人は自分のまいたものを刈り取るのみ。
60113.主はわが命の力。わたしは誰も恐れない。
60114.友情は人生のワインだ。
60115.人間の迷いを 呼び覚ましてくださる仏…
60116.「どうすれば、うまくアドリブを言える…
60117.酒を多く飲んで飯を少なく食う人は命短…
60118.人をとりまく状況はいつも変化しつづけ…
60119.理解というものは、つねに誤解の総体に…
60120.子どものための小説と大人のための小説…

60121.私は(人から)聞いた話をそのまま実行…
60122.仏教では愛を「渇愛」と「慈悲」にわけ…
60123.セックスだけ求めている男は、男ではあ…
60124.有る程の 菊抛(な)げ入れよ 棺の中
60125.死にたく思う苦しい夜々はあっても、夜…
60126.老人も中年も若者も、自分たちが一番正…
60127.会社経営の原理原則は、売上を最大にし…
60128.しゃれた詩を書く 月曜日 しゃかりき…
60129.生と死とは対立関係ではなく、場所が違…
60130.大善を称するよりは小善を積め。

60131.あらゆる戦争は悪だと思っています。戦…
60132.不幸を耐え忍ぶより、人間にとって実は…
60133.ハリウッドには住みません。あそこに行…
60134.偉大な仕事をする唯一の方法は、あなた…
60135.苦しんだり楽しんだりして自分を磨き、…
60136.己自身を認めてやることができない奴は…
60137.仕事に生き、仕事に勝負し、仕事の中に…
60138.ナマコを食べたことがない人に、ナマコ…
60139.金持ちより貧しい者の味方、強い人間よ…
60140.一度なくした信用取り戻すのは、最初に…

60141.人は無邪気だった過去の自分や、もう取…
60142.物わかりのよい夫は、決して腹を立てる…
60143.イヤな言葉を受け流すと、立場が逆転す…
60144.やらなければだめだよ、何だって。やれ…
60145.何が幸福、ったって、昔のことはみな、…
60146.世渡り上手、才子、利口者の善行は、何…
60147.親の与えるメッセージで、子どもは自分…
60148.賢者いわく。幸せとは、欲しいものを手…
60149.死は私たちの賢いよい兄弟であって、潮…
60150.君ひとりの、ごていしゅだ。自信を以(…


60151.現在、お米を「銀めしだなあ」と思って…
60152.人のこころも まこと信じてもらうには…
60153.子供が楽しいって思う作品は大人も楽し…
60154.家は、中に住むために建てるのであって…
60155.芸術の美は所詮(しょせん)、市民への…
60156.幸せは、見つけるものではなく、感…
60157.失うものは何もない。守るものなどはじ…
60158.すべて相対するものがあるからこそ、価…
60159.賢人はしばしば、愚か者のようなそぶり…
60160.同じモノを食べてる夫と妻は、和合しや…

60161.まだ足りぬ 踊り踊りて あの世まで
60162.私は運命とともに歩んできたように感じ…
60163.生きている このなんでもないことに …
60164.妻ってな、夫にな、もし結婚してなかっ…
60165.聴く人の期待を裏切るにせよ、音楽をや…
60166.体験を言葉にしてゆこうとすればじぶん…
60167.「言い負かされた」という言葉があるが…
60168.まず社会的リーダーたる人々が人間とし…
60169.人は人を服で覚える。
60170.人に施してはその報(むくい)を責むる…

60171.部下を成長させるようにしてください。…
60172.若いときには、みんなから嫌だとかうる…
60173.子をもつということは限りなくエゴを知…
60174.夫婦の誤りは、互いに相手の避け難い小…
60175.愛に根ざし愛を基として生活すること。
60176.人間は死ぬべきときに死なず、ただその…
60177.おなかすいたまま考え込むとね、嫌な答…
60178.卑下も自慢のうち。
60179.ああ、ジェラシィというのは、なんてや…
60180.仮説は実証して初めて真実になる。

60181.私は歴史はきらいで、思い出が好きであ…
60182.人は死ぬ時には、血(=血縁者)にたよ…
60183.あかあかと一本の道とほりたり たまき…
60184.読書好きな連中は、「いい文章を書くに…
60185.インテリは理屈ばっかりで、(※他人の…
60186.誰かを守るというのは、誰かの居場所を…
60187.理想を求めるのはいいことだが、理想ど…
60188.旅行の上手な人は、生活に於(おい)て…
60189.野球でもサッカーでも、最強のチームと…
60190.今日の失敗は明日の成功。

60191.人を大事にせよ──成功の基礎はチー…
60192.脛(すね)に傷を持つ上司は、ストレー…
60193.(将棋の世界では)一人前になるには5…
60194.(問題が起きたら)事実がどうなってい…
60195.暗い方面から、嫌な方面から人生を考え…
60196.人事異動は、人材成長の場である。
60197.女が男に情愛のこもった親しい付き合い…
60198.人を知るは酒が近道。
60199.固く、高い壁と、それにぶつかって壊れ…
60200.世の中には、さまざまな能力がある。な…


60201.科学に相応して、慈愛、同情、平和、そ…
60202.守るちからは、はたからは、絶対に見え…
60203.くるしさの、とても逃げられぬどん底ま…
60204.組織の成員は等しく大事であり、どれひ…
60205.特別な人になるために、マジックは必要…
60206.人為(じんい)で天下を治めようとする…
60207.私たちを殺すのは悲劇ではない。汚さだ。
60208.イロをつける、大目にみる、ふくみをも…
60209.逃げ道ってのは甘えの道だ。誰でも楽に…
60210.完全な男を求めるのは、身の程知らず。…

60211.退行欲求が満たされて、初めて本当の責…
60212.やらずに満足するのと、やって満足する…
60213.「しんどい」と思い始めると、頑張れる…
60214.人前では、なるべく欠点は隠そうと、愛…
60215.想像力が豊かな人の秘密は語彙の豊富さ…
60216.優柔不断な上司の場合、決定権は周囲の…
60217.私は23歳で結婚した。まわりは、早過…
60218.ステークホルダーの中でも、一番が顧客…
60219.結婚の相棒というのは、気楽な存在であ…
60220.(その人にとって)つらくなることがな…

60221.おそらく(商品開発における)決定的な…
60222.人間は政治的動物である。
60223.人は一度権力を持つと、それを積極的に…
60224.徳をもって人を支配する者は王たり。力…
60225.精神を残して全部あげたから わたしの…
60226.いまの男の政治家は、うわべをつくろう…
60227.生徒や学生達に自ら考え自ら学ばせるこ…
60228.私の成功原論は、第一に、一生を息切れ…
60229.仕事というのは自分の心の状態を映し出…
60230.肝心なのは、自分に何が起こったかでは…

60231.愛があると思うのも錯覚、ないと思うの…
60232.自分に対する相手の態度が悪いのは、相…
60233.自分にとって好ましくない暗示とか予言…
60234.人は一人で勝手に助かるだけ。誰かが誰…
60235.戦争はすべて悪だと、たとえ殺されても…
60236.古来「病は気から」といわれますが、そ…
60237.衆愚に従えば、その仲間入り。
60238.潜在意識は私たちの中にある創造的能力…
60239.「遊ぼう。これから、遊ぼう。大いに、…
60240.誰かに手を差しのべるのに必要なものは…

60241.人間は自分の値打ちを評価することだ。…
60242.小さいものが大きいものに、刻々と近づ…
60243.負けて悔しいのは当たり前、また悔しく…
60244.自ら創造し得るもの以外には何ら正当な…
60245.人を用うるにはよろしく長を取りて短を…
60246.政治や社会の動きには明るい。だが自分…
60247.上(じょう)の人は、その力に応じて仕…
60248.物を識(し)ることは、(※女にとって…
60249.いつも「忙しい、忙しい」と言っている…
60250.意義ある人生、価値ある人生を過ごすに…


60251.私にとっての経営の軸は何かと考えると…
60252.「女は家庭経営が天職だ」という女は、…
60253.ほんものの幻滅は、人間を全く呆(ぼ)…
60254.人のつかひ様(よう)は、人をばつかは…
60255.白髪は老いたしるしであり、叡知(えい…
60256.人間とは便利なものである。いまふり返…
60257.(社員や部署の失敗やミスに対する望ま…
60258.十分な愛で橋渡しできない隔たりはない…
60259.誰かと結婚することは、別の人との結婚…
60260.戦争は夏一つずつ遠ざかり

60261.私は、経営者には、2つしか仕事がない…
60262.人生はチャンスと変化に富んでいる。
60263.恋をするにはエネルギーが要りますが、…
60264.兄弟にほほえみかけ、助けの手を差し伸…
60265.人々はローマが偉大であるからローマを…
60266.誰にも目撃せられていない人生の片隅に…
60267.将来の読みがすべて当たる悲観論者より…
60268.自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する…
60269.やめるのも始めるのもきめるのは自分です
60270.善意や親切だけで、この世界の苦しみが…

60271.自分の考えをはっきり言うのと同じく、…
60272.人の行いは孝より大なるは莫(な)し。
60273.口から出ていくものは、心の中から出て…
60274.千回のアドバイスより一回の失敗。
60275.人間とは、常に人間になりつつある存在…
60276.人間、自分のやりたいことをやって、何…
60277.芸人てえのはな、売れてるときはわがま…
60278.どんよりと くもれる空を見てゐしに …
60279.将来について知ろうとする者は、これま…
60280.わたしたちが踊り子にあこがれるのは、…

60281.科学技術に優先するものは人間の正しい…
60282.人間関係で一番大事なのは、腹八分では…
60283.嘘っていうのは結婚を長生きさせる薬だ…
60284.経営者は常にチャレンジし続けなければ…
60285.初めはどこから見ても疑いようがなかっ…
60286.強いからヒーローなんじゃない。喜ばせ…
60287.好きなように楽しんでごらん。何もしな…
60288.数ある習慣のなかでも最も自覚しにくく…
60289.下情には通ぜざるべからず。下事には即…
60290.私たちは、何かというと口癖のように「…

60291.しゃれが解らずに苦しむくらい情けない…
60292.元気になると、同じ事でも気にならなく…
60293.人生は実験なの。だれもがこの世界で自…
60294.平凡な日々からなる人生が、それぞれに…
60295.あなたが挑戦されたものに勇気をもって…
60296.賢妻は必ずしも男にとって良妻とは限ら…
60297.私は、不安と苦痛の窮極まで追いつめら…
60298.私は誰かを批判する時は、ほめ言葉とセ…
60299.母親を泣かすのは この世で一番いけな…
60300.試みることによって、それだけ成長でき…


60301.本当の欲望というものはそんな苦しいも…
60302.読書について言えば、答えを求めて読む…
60303.身体の痛みによって身体の異常に気づく…
60304.夜の熟睡を死んだように眠るとたとえる…
60305.己(おのれ)を空しくして他に尽くすだ…
60306.彼のなさんとするところを、先んじて我…
60307.人間や人生の事件、事物は素材にすぎな…
60308.幸運を望む男よ、お前が二つ結果を得る…
60309.いい教師は生徒に答えを与えないものだ…
60310.いくさというものは、六、七分の勝利で…

60311.そうすべきでない不正な行為も、正し…
60312.先延ばし主義とは、判断ミスの積み重ね…
60313.地元の人が日々使ってくれる、品質を評…
60314.冗談を言ったり、漫談のような話をしな…
60315.失恋したからって泣いている場合じゃな…
60316.経営者は権限を譲ったような顔をしなが…
60317.もしあなたがつぎに同じ苦しみに出合っ…
60318.卑下も過ぎれば自慢となる。
60319.悦楽、奢侈(しゃし)──これが諸君の…
60320.黒を知らないと白さも分からない。苦労…

60321.根性というのは人生のスパイスみたいな…
60322.雪の結晶は、天から送られた手紙である…
60323.自分の現在は、過去の思いを潜在意識が…
60324.朝もよし 昼もなおよし晩もよし その…
60325.あなたの理想について、他人と話すこと…
60326.人の悪口を言うのは、自分に自信のな…
60327.ふだん人を泣かせてばかりいる人は、死…
60328.今日はこの世、明日はあの世。
60329.あなたなんか大好きです。
60330.(船の生け簀のなかに)同じ種類の魚ば…

60331.今ある時代にむきあえるもう一つの言葉…
60332.時には思い通りにならないこともある。…
60333.少しでも興味を持ったこと、やってみた…
60334.幼いころの記憶というのは、思いだすと…
60335.カルチベートされた人間は、てれる事を…
60336.死んだら死んだで生きてゆくのだ。
60337.あのね、読んで面白くない小説はね、そ…
60338.男と女が愛しあったあかしに妊娠し、そ…
60339.持たなくてもいい重い荷物を、誰に頼ま…
60340.健全な精神にこそ、健全な肉体が宿る。

60342.「こう努力しましたが、うまくいきませ…
60343.上善(じょうぜん)は水の如(ごと)し…
60344.計画に失敗すれば、失敗を計画すること…
60345.熱中するものがほしければ、まず第一に…
60346.苦しみ多ければ、それだけ、報いられる…
60347.「(中流の)“中”以下の人がこれから…
60348.よほどの理由がない限り、決定事項は、…
60349.ユートピアを歴史の外に仮想し、いつも…
60350.不安が解消されると、今度は不満が出て…


60351.教育の意義は人々に知らざることを知る…
60352.恋しとよ君恋しとよ床しとよ 逢はばや…
60353.愛されるためには愛さなければならない…
60354.よしよしと言ってくださる人の前では決…
60355.十分な愛で開かないドアはない。(ve…
60356.人間は常に恵まれているとは限らない。…
60357.愛は賢くなければ得られない。それは相…
60358.芸術には限界がない。そしてどんな芸術…
60359.(※夫婦は)一心同体でも、夫は男であ…
60360.臆病はあなたの(たちの悪い)親友です…

60361.市場は存在するものにあらず、創造すべ…
60362.劇場に足を運ぶ観客には言わず語らずの…
60363.人間にはそれぞれ性格があるし、見ると…
60364.投資とは自立。自分の未来を自分で切り…
60365.事業において一番大切なことは、良き後…
60366.三行の蓄積──信用の蓄積、資本の蓄積…
60367.働きに行く人ばかりの電車
60368.無理に死をいそぐ人には気取屋が多い。
60369.人助けに没頭するのは、現在自分が抱え…
60370.そのかみの神童の名の かなしさよ ふ…

60371.考えて、考えて、考え抜いて、もうこれ…
60372.アルコールが入った時だけ、幸せ。
60373.生徒が救われないのに先生だけが救われ…
60374.まだ我々はやっと人類の偉大さの最初の…
60375.子どもとしてのじぶんを見つめながら、…
60376.他の誰かがあなたの気持ちをわからない…
60377.あり余る物の恵みの中で、豊かになった…
60378.厳酷と冷酷とは、すでにその根元に於(…
60379.おさない日は 水が もの云(い)う日…
60380.「能力を未来進行形でとらえる」ことが…

60381.夫婦を結びつける絆が長く続くためには…
60382.世の中は我々のような人間でいっぱいだ…
60383.(人がこの世に生まれるのは)何のため…
60384.絶対に反抗することができない世界で、…
60385.子どもの本というのは、子どものための…
60386.気弱(きよわ)なる斥候(せっこう)の…
60387.心の底から湧き出した情熱は、何だって…
60388.幾何学は(今も)なお、豊かで実り多い…
60389.ラジオによりヒトは字を読まなくなり …
60390.毎日、自分が好きな人と話をする。(そ…

60391.愉快な快楽に溺れて、楽ばかりしている…
60392.心の苦しみは、身体の苦痛より悪い。(…
60393.人の思惑ばかり考えてると、自分が薄ま…
60394.一人の作家が創り出した小宇宙へ一ヶ月…
60395.笑えば愚か者と思われるかもしれない。…
60396.恋には二つの試練がある。戦争と平和で…
60397.総(すべ)て事業をなすには、ぜひとも…
60398.独立権限を有する二人の指揮官が同一戦…
60399.(人生という)物語の「主人公」は自分…
60400.つまずくたびに嘆いたり、人をうらやん…