60001.夫婦円満の秘訣のフレーズはただ一語の…
60002.引き算というのは、あと何カ月、あと何…
60003.社長はリーダーであって権力者ではない。
60004.情報は、行動するためにあります。情報…
60005.頭で理解しているというレベルでは、わ…
60006.威張った字を書け。
60007.踏ん張りどころを 間違えるな
60008.世の中に寝るほど楽はなきものを 浮世…
60009.人は、自分の背丈以上のコミュニケーシ…
60010.コミュニケーションの結果の判定は相手…

60011.似た顔の人を、どこでも捜すようになっ…
60012.もし、あなたが自分自身で思考せず、新…
60013.説明力の三原則──1.相手にわかる…
60014.本来、お化粧をするときは「耳に悪声を…
60015.人生における苦難は、人を高めるために…
60016.いいかい、自分の楽しいことをやりゃい…
60017.自分の夢を実現させるためにはおとなし…
60018.誰も心配しすぎないって、いいことでし…
60019.他人の富を祝福することが、とりもなお…
60020.長生きすることで一番嫌なことは、好き…

60021.よく祈る者とはよく愛する者なり 人を…
60022.何が何でもやろうと思い続けることがで…
60023.成功談の大部分は、後から理屈をつけ足…
60024.夕方の「さよなら」は一匙(ひとさじ)…
60025.人の世にはただ一つだけ神聖な、崇高な…
60026.色気ぬきの親しみを異性で分かちあえる…
60027.私は一人一人について特別な愛という…
60028.当事者というのは、全身麻酔を受けてい…
60029.人は落ち目が大事。
60030.結婚する時のような激しい情熱あるいは…

60031.希望を持つことはやがて失望することで…
60032.彼の愛は心理的ではなく、感性的であっ…
60033.他人への対応を間違えれば、人生そのも…
60034.オレは、いま生きるのがつらいって言っ…
60035.手を握られた者は自分の苦しみや痛みが…
60036.才能は静けさの中で作られ、性格は世の…
60037.彗星が突如として暗い空を走るように、…
60038.願わくばみくにの末の栄え行き わが名…
60039.もし、「100」の能力を持った人間が…
60040.人間というものは、自分の心の中に計り…

60041.他人がどうあろうと自分さえ、ちゃんと…
60042.志をつらぬくという気持ちを日本人が持…
60043.家族たちさえも憎めないようなぼくに …
60044.持って生まれた才能はそれぞれ違うが、…
60045.読点や句点は、言葉で読むことができな…
60046.知識は、疑うことによって得られる。
60047.勇者と俗人との根本的な違いは、勇者は…
60048.知恵深き人は武器に頼ることはしない。…
60049.五十ってことは、何も悲劇的じゃない。…
60050.マスメディアは胴上げをする。上げたあ…


60051.時間のかかる奇跡もある。
60052.俺がかりに悪そのものならば、お前の自…
60053.今を楽しむんだ。どこにいても、人生を…
60054.木は天にまで達しないように配慮されて…
60055.悪意を持たぬ人は居ません。罪を犯すの…
60056.この世界における悪はすぐには実を結ば…
60057.毎朝目覚めたら「今日もまた活きていた…
60058.笑い声は時代を超え、想像力は年を取ら…
60059.結婚って長い長い拷問ですよ。
60060.疑いの余地のない信仰とは、信仰ではな…

60061.世の中には親兄弟だけで会社を経営して…
60062.人は責任感を持つと、決断と行動に迷い…
60063.どちらとも決めかねることがあったら、…
60064.ものを面白くないと思ってしまった時、…
60065.自分を、違う人間にしうると考え、自分…
60066.何かの問題が起きたときに、いったい誰…
60067.(今の時代の)人々は感情にばかり左右…
60068.人間として生まれると、他の動物にはな…
60069.話の材料は新鮮なものに限る。
60070.友情というものがある。一応常識では、…

60071.本気で決心した人は、静かです。
60072.ソフトウェア開発者は、過労によってで…
60073.千人から千五百人の居住者を取り返せれ…
60074.どこの国にも、もっと広い視野に立てる…
60075.時すでに遅し。それが良い決心につきま…
60076.内心は大好きなくせに、他の御一党様も…
60077.短歌形式がつねに自省をともなった事実…
60078.季節や自然を持たない時間っていうのは…
60079.たまには、「戦争は、もうせんそうだ」…
60080.動作は感情に従って起こるように見える…

60081.人は、いろんなことを曖昧にしておきた…
60082.幸福は何かの代償でも事物でもなく、行…
60083.死にたくない命をも捨てなければならぬ…
60084.雨が すきか わたしはすきだ うたを…
60085.法に支配されぬ者は、法に守られること…
60086.(シモーヌ・ヴェーユは)「戦争は革命…
60087.和にして厳。
60088.運なんて存在しない。単なる状況と状況…
60089.夢を見ろ! 人が生きるってことは、夢…
60090.どんな場所でも、流されないで自分の足…

60091.生気があるから不倫ができるのか。不倫…
60092.母親がどうしようもない女なら、父親が…
60093.心なき身にもあはれは知られけり 鴫(…
60094.他人を統率していくときには、才能より…
60095.明日はないと思って生きよう。傷つくこ…
60096.人間のことを善人だとか、悪人だとか、…
60097.善悪は人にあらず、自らの心にあり。
60098.汝の敵を愛せ。
60099.強情さえ張り通せば勝った気で居るうち…
60100.「聴く」という字は、「耳+目」、そし…


60101.誰であれ、自分の欲することをしている…
60102.思考と行動は相互作用を積み重ねながら…
60103.優秀な人間は環境に不満を言わない。「…
60104.夜に寝室に引きこもったら、留守電に切…
60105.常に大きくありなさい。大きく考え、大…
60106.酒が人をアカンようにするのではなく、…
60107.ねたみは憎しみよりも始末に負えない。
60108.真のリーダーとは、ひたむきに仕事に打…
60109.愛国の至情の発現は、多種多様であるべ…
60110.そのプロジェクトが、本当に価値がある…

60111.兄弟は他人の始まり
60112.もし死が感覚の欠落で、夢さえ見ない眠…
60113.大勢の人間を育てる時は不揃いのままが…
60114.自分で決めたことも守れなかったら、私…
60115.人から決断力がないと言われたら、こう…
60116.(ソ連の軍事的脅威が薄らいだからとい…
60117.強靱(きょうじん)なる精神を持て、そ…
60118.一番大事なことは仕事なんかよりも、自…
60119.自分を貫いて、間違えた、成功できなか…
60120.憎くてたまらぬ異性にでなければ関心を…

60121.虚無感が胃を通して現れたのが、拒食症…
60122.おしゃれの最高のスパイスは遊び心だ。
60123.どのような自己像であれ、それを形成し…
60124.忍耐とは待つ技術です。高度の技術の常…
60125.国を開く道というものは、戦いをする者…
60126.少々きびしい言い方かもしれないが、気…
60127.人生はあまりにも重要すぎて、真剣にそ…
60128.実在感のあるのが私は好きだから、手紙…
60129.目は見ることをたのしむ。耳は聴くこと…
60130.うぬぼれがしばる こころをしばる

60131.人生は試練の連続で、幸せな瞬間は、C…
60132.どんな愚者でも歴史を作れる。しかし歴…
60134.(このさかしまな世では、) 正反対の…
60135.世間からよく思われることよりも、自分…
60136.人の上に立つ者、人物を見抜く目を持た…
60137.仏教などは、(※よその亭主を愛すると…
60138.人生は冒険だ。いつもと同じ景色じゃつ…
60139.人生は、その場その場を生きていくしか…
60140.「本当の愛」とは無償の愛です。相手の…

60141.友人は、自分の新しい世界を開いてくれ…
60142.「心がときめかないのは、もう年だから…
60143.人類が人間としての尊厳を守り、生存を…
60144.いったい日本に於(お)いて、この「愛…
60145.「〜で」「〜して」「〜たら」「〜けど…
60146.想念を固く保って、決して弱めることな…
60147.もしも正しいねがいに燃えて じぶんと…
60148.何としてもやり遂げたいという夢と希望…
60149.世には友らしい見せかけの友がある。し…
60150.美しいものはいつか花のように色あせて…


60151.あなたが心の中で損失を受け入れないか…
60152.正しいことであっても、新しいことを推…
60153.孤立した傲慢な思考は白痴に終わる。
60154.人間は一般に見知らずで、移り気で、嘘…
60155.思想は種子(しゅし)なり、脳髄は田地…
60156.愛を込めて育てられた人は、物がなくて…
60157.(27歳の女性は)30歳までまだ3年…
60158.リスクを超えることによって、自分の限…
60159.愚かな人間から、「もっと利口になれ」…
60160.ムダが世界をおもしろくする。

60161.最良の説得は恐怖を与えることである。
60162.恋は多くの事を可能にするが、金は全て…
60163.男とは男が、男としていきられる拠(よ…
60164.会社変革の重要な要素の一つは、個々の…
60165.クレーム処理を先へ延ばすことは事態を…
60166.人の話の聞き方にも二通りある。一つは…
60167.アカルサハ、ホロビノ姿デアラウカ。人…
60168.本心良心は理屈を超越して、本然の心で…
60169.自分を知ることぐらい大切なことはない…
60170.自分のために目標を設定し、それに熱意…

60171.(花をもらうと)お腹はいっぱいになら…
60172.自分を認めることが、人との関係を改善…
60173.慎重を期すことももちろん大切だが、こ…
60174.人の上に立とうとしたら、自分が立て板…
60175.所謂(いわゆる)「孤高」の人は、やた…
60176.もっと知恵を使って新しい産業、製品、…
60177.耳が聞くのではない 全身が耳となる
60178.優れた経営者とは、顧客に利益をもたら…
60179.もし、子育てをやり直せるなら、目先…
60180.本を読める人間になれ。何があっても奪…

60181.償い切れるような罪は罪というに値しな…
60182.ロマンスには、滑稽感は禁物である。
60183.地獄だな、まさに。女にほれるのは地獄…
60184.政治的な革命というのは部分的な革命に…
60185.妊婦は、10ヶ月の遠距離恋愛をしてい…
60186.人間としての道理に基づいた判断であれ…
60187.人間が人間を信じられなくなったらおし…
60188.お客との雑談は、相手の心を開かせ親密…
60189.人間とは、もともと身勝手な存在である。
60190.親が子供と仲が悪いというのはね、もう…

60191.役にも立たず、美しくもないように思え…
60192.新しい思考を学んだ心は、決して元に戻…
60193.(自分という)この宇宙船の指揮官はお…
60194.故郷というのは、変わらない風景のこと…
60195.4)(上に立つ者は)褒める時褒め、叱…
60196.君よ、散財にためらうなかれ。君のお金…
60197.俳優が演じるのをやめて、その芝居を生…
60198.一番大切なのは、あきらめずにどんな状…
60199.大きな恐怖感に締めつけられている状態…
60200.人は誰かを愛することによって、そして…


60201.文章を書くことは、「考えること」です…
60202.100パーセント信じたい、また、信じ…
60203.男の人は可哀想だ。彼らはみんな、母狐…
60204.肉体的にだんだんと衰える、下り坂を下…
60205.目より手のほうが、彫刻の美を敏感に感…
60206.私は子供たちに、どんなときでも「サン…
60207.(信じていた友に裏切られたら)こんな…
60208.哀しみの 疲れの かすかな間隙(かん…
60209.日々のこの我が行く道を正さむと かく…
60210.ひとりで飲むな。ひとりの飲酒は妄想(…

60211.誰にでもできる戦法は選ばないし、それ…
60212.すべてが拾えないなら、何を捨てるかを…
60213.月にてらされると ひとりでに遊びたく…
60214.他人の言葉はダシにはつかえない。いつ…
60215.エジソンの成功の秘訣も、「一パーセン…
60216.ケチなやつからお説教されて、眼がさめ…
60217.もっと大胆に、自分は金持ちになる権利…
60218.人が話した言葉を鵜呑みにするバカに経…
60219.人間は人間のとおりに生きて行くものだ。
60220.勝利は最もよく耐える者のものである。

60221.「家」は、その本質としては、土地への…
60222.私はいつも、何でも絵にしていきます。…
60223.「しがらみ」という言葉は、英語にはあ…
60224.人生はあなたがかなりもうろくするまで…
60225.正しい質問には正しい答えが含まれてい…
60226.美のなきところ、かならず内容に欠くる…
60227.「相手があるから、自分もある」という…
60228.人前で物を食べるのは、自分の内面を見…
60229.偉大な人間は、必然的に懐疑家である。
60230.(女にとって)母親とは、重たいお荷物…

60231.自らの在り方を深く悲歎するという心だ…
60232.毎日が完全主義であって初めて、自信を…
60233.運命を飛び越えるための翼は、誰もが持…
60235.(子供からの質問に親が)いつも「わか…
60236.(映画の)観衆たるの資格。第一に無邪…
60237.空は飛ぶためにあるんじゃないよ。空は…
60238.(私たちのまわりには)ごくわずかだが…
60239.もともと戦いを好まぬ国民が、いまは忍…
60240.心理療法家という私の仕事は、他人を理…

60241.安定は愛を殺すが、不安はそれをかきた…
60242.人の心にあるはかりごとは、深い井戸の…
60243.知ることは、超えることの前提である。
60244.「自分探しをしている」なんて言う人が…
60245.今あなたが願望していることがすでに実…
60246.多過ぎなければ十分ではない。
60247.企業には必要条件と十分条件があります…
60248.私たちは、見えるものによらないで、信…
60249.人生とは、結果が予測できない実験の繰…
60250.詩人の目は細かく激しく動いて、天から…


60251.ありふれた富は盗めるが真の富は盗めな…
60252.人が生きるために理由を必要とせず、…
60253.僕は幼いころから虫に興味を感じていた…
60254.(わたしにとって、詩は)生きられた人…
60255.私はまずはゴールを定めてから、アプロ…
60256.失敗も弱点も、違う言葉に置き換えさせ…
60257.私はつぶれかかった会社を再建しに行く…
60258.人から信頼されるには、当たり前のこと…
60259.我々は、自分の幸も不幸も、自己愛に見…
60260.共通する性質を見いだすことは「抽象化…

60261.成功とは、責任をともなう重いものであ…
60262.人は間違いを犯す。もしそれが命令であ…
60263.人様に恥じない自分でいるよりも、自分…
60264.詩はなにゆえにとうといか なにものも…
60265.家を整頓し、子供たちに秩序のよさを認…
60266.順調な時ほど危機が訪れる。
60267.【ブスの25カ条】 16.他人をうら…
60268.毎日使うものに、お金をケチってはいけ…
60269.ああ、あざむけ、あざむけ。ひとたびあ…
60270.互いに過去を持つ男と女の結びつきは、…

60271.可能性の尽きることのない無限の泉がい…
60272.今朝は雨が降ってなくて嬉しいわ。苦し…
60273.自分の中にある(実現不可能という)既…
60274.戦争写真家の最大の願望は、失業するこ…
60275.わたしの「ふつう」と、あなたの「ふつ…
60276.時の浪費ほど大きな浪費はあるまい。失…
60277.アドリブは舞台のスパイスよ。
60278.「いじめられるほうにも原因がある」と…
60279.過去のことを後悔したり、これから先の…
60280.子孫が長く続くということは、知力の及…

60281.叱ることが苦手で、「どうもきつく言う…
60282.使う方の予算だけは厳守され、入ってく…
60283.責任を外へ外へと求めていくひとには、…
60284.お店の敷居を低くする方法があります。…
60285.すごく落ち込んでいる友達を慰めたいと…
60286.うつやノイローゼになりやすい人は人一…
60287.民主革命。私はその必要を痛感している…
60288.君子は坦(たいらか)にして蕩蕩(とう…
60289.得意なものは、きびしく練磨しなければ…
60290.たかだか6年間の中学・高校時代だけが…

60291.なぜ、国家には旗がありながら、ぼく自…
60293.生まれたままの人間は、丹念に磨き上げ…
60294.(生徒の)長所を見つけては褒めること…
60295.自身のしらじらしさや虚無を堪えて、や…
60296.器用はよく、人にうまく使われる。
60297.理性の方は知識とともに発達していくか…
60298.足らぬは余るよりよし。
60299.時は苦しみや争いを癒す。というのは、…
60300.芸術家の自由な生き方とは、要するに独…


60301.としの若いやつと、あまり馴れ親しむと…
60302.〈表現〉はフィクションを構える。フィ…
60303.精神を維持するビタミンとか栄養補助食…
60304.過ちを犯してもそれを苦にしない者ほど…
60305.(眼が覚めても)夢の国で流した涙がこ…
60306.全世界は舞台だ。そして男も女も、みん…
60307.死は、幸せの継続を望む人にとっては恐…
60308.愛も物も何もかもあげっぱなし。そうす…
60309.(使われる)文章が短くなっていくとこ…
60310.この古い畳の上で しずかに いのちの…

60311.思想¥? ウソだ。主義¥? ウソだ。…
60312.何人(なんぴと)も愛し合うことを許さ…
60313.明治以前の日本人は、死ねばそれきりな…
60314.偶然は、科学では予測できない。
60315.誰が誰を愛し、どんな型の性愛があって…
60316.あなたが受け取る報酬は、「どれだけ人…
60317.悪口や非難など、否定的なことを言いそ…
60318.言葉は娼婦を演じ、瞳は少女を演じ、心…
60319.ホンモノじゃないとだめだということに…
60320.ほとんどの人は今持っているものを守る…

60321.人間の心のどこかには、生涯、共にいて…
60322.私は自由を憎んだわけではない。私はむ…
60323.手でなぐられるのと、態度でなぐられる…
60325.どんな名馬でも、つまずかぬものはない。
60326.先(さき)んじて恋のあまさと かなし…
60327.我々が取るに足りないことだと考えてい…
60328.真実から逃げれば逃げるほど、いよいよ…
60329.すべての道を閉ざされたって? でも、…
60330.人を悩ますのは、味方の仮面をかぶった…

60331.仕事をしていると、あまり(子供と)一…
60332.誰かに何かが足りない、というのでは悲…
60333.この関係を壊したくないということで我…
60334.幸せ不幸せは、「あるか」「ないか」で…
60335.背負い投げのような華麗な技だけが技術…
60336.自分を犠牲にしてまで他人を助ける自己…
60337.(夫婦の)価値観の相違を問題にする人…
60338.言葉は、人間とわかちがたく結びついて…
60339.如何(いか)な本人でも、之(これ)(…
60340.翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を…

60341.休日は人間に与えられたもので、人間が…
60342.敵が勝利を確信した時が、大きなチャン…
60343.人生とは、どれだけ長く生きるかではな…
60344.その土地の水を飲んだら、その土地の習…
60345.人に合わせすぎると、自分の気持ちをた…
60346.親思う心に勝る親心 今日のおとずれ …
60347.何度繰りかえしても、男と女の間の愛情…
60348.もつれた糸は放っておきましょう いつ…
60349.「後にあるものを忘れ、前にあるものを…
60350.失敗しても、もう一度起き上がって挑戦…


60351.現在が既知だとおもっていたり、おもっ…
60352.人は友を敵にしてはいけない。友は自分…
60353.希望とは、自分が望む結果になる可能性…
60354.私の発明は、創造から生まれた。しかし…
60355.後世に残るから一流とは限らない。一流…
60356.いろいろと 覚えたばかりに 愚者にな…
60357.震災を受けた方、被害を受けた方という…
60358.そうあってほしい100パーセントの世…
60359.うつくしいものをうつくしいと言おう。
60360.年をとりゃ、若い者に負けるのはあたり…

60361.愛について無関心な人間は、もう人間で…
60362.役人というのは、(本来なら)「役に立…
60363.言葉むなしければ、人はむなしい。
60364.愛情がたっぷりあれば、克服できないこ…
60365.割り切りとは、魂の弱さである。
60366.正論は正しい。だが、正論を武器にする…
60367.僕らは(=人は)、作品にはお金を出さ…
60368.人生あまりむずかしく考えなさんな。暗…
60369.毎日の生活にかまけて表面的なことにと…
60370.誰だって周りから自然と声をかけやすい…

60371.自尊心を失う十八の心得──7.自分…
60372.どんな人でも、いちどは魔がさすという…
60373.一般に、ウマの合う人、好きな相手は腹…
60374.時はその使い方によって金にも鉛にもな…
60375.(「好き」とか「愛してる」とか「結婚…
60376.私たちが興味を持つのは、(商品にまつ…
60377.勇気を出して 自分を見つめてごらん。…
60378.大丈夫。失敗しない人なんていないから…
60379.症状が現れ出ないうちには、その病気が…
60380.楽観的に構想を練り、悲観的に計画し、…

60381.だいたい女の色香は、(男の)金を巻き…
60382.別に贅沢などしていなくても、日常的に…
60383.民の楽しみを楽しめば、民もまたその楽…
60384.病んでも、苦しんでも、信仰を医師の代…
60385.神様からもらったものを粗末にする奴は…
60386.明朗完璧の虚言に、いちど素直にだまさ…
60387.神を知らないので、神にむかっては祈…
60388.生物的にはあたりまえのことを、罪と自…
60389.「蔵書」というのは、ちょうど煉瓦を一…
60390.男たるもの、大きな志をもち、それに向…

60391.有名になってしまうと、駄目になります。
60392.ひとりの 殻を出て 縁あるままに 人…
60393.道徳教育で立派な子供ができるのであれ…
60394.より高く自らを導いていこうとするなら…
60395.漫画家になるってことは「本を売る」っ…
60396.女は、愛するより愛されるほうが幸せに…
60397.高ぶりは滅びに先立ち、誇る心は倒れに…
60398.愛というものは、性欲をはるかに超越し…
60399.もし自然な陽気さが失われた場合、快活…
60400.漸進(ぜんしん)的な改革者たちは常に…